玄米カイロとは?持続時間30分 レンジでチンする作り方とおすすめの効果的な使い方

玄米カイロ」というものを、通っているマッサージサロンで教えてもらった。そのメモ。

スポンサーリンク

小林麻耶&麻央のブログにも登場する玄米カイロ

ちょうど、小林麻耶&小林麻央姉妹のブログでも見掛けていた玄米カイロ。

体にとても良い効果があるらしい。

玄米カイロとは?

玄米カイロ」は、玄米を小さな布の袋に詰めたものを指す言葉。

これを、電子レンジで1〜2分チンすると、30分程度温かさが持続する。使い捨てのカイロとは違い、1年程度、繰り返し使うことができる。

玄米以外にも、バリエーションがある。例えば、「小豆」でもカイロを作ることができる。

マッサージサロンで、あおむけになったときに、おなかの上に玄米カイロを乗せてくれたことがあった。これが、とっても気持ち良くて、作り方を教えてもらった。

玄米カイロの作り方

<材料>
  • 玄米
  • 米ぬか
  • 木綿または麻の袋
  • 玄米:ぬか:塩=2:2:1の分量を準備する。
<作り方>
  1. 玄米・米ぬか・塩をよく混ぜる。
  2. 袋の中に入れて、口を閉じる。

注意点としては、袋は木綿や麻などの天然素材のものを使う。マッサージサロンのセラピストは、手ぬぐいを半分に切って使うとちょうど良い、と言っていた。

電子レンジにかけるので、レンジOKの素材を選ぶことも大切。小豆カイロにするときは、玄米・米ぬか・塩の代わりに、小豆を入れればOK。

自作するのが面倒な場合は、既製品も販売されている。

マスヨメ Masyome 玄米カイロ ピーチ

玄米カイロのおすすめの使い方

玄米カイロができあがったら、毎日使い倒そう。古くなると固くなり固まるそうなので、それまでは使うことができる。

玄米カイロは、次のような症状を和らげるのに大活躍。

  • 目の疲れ
  • 生理痛
  • 足のむくみ
  • 不眠
  • イライラ
  • 食べすぎ
  • 冷え性
  • 肩こり

自分が使いたい部位に合わせて、いろいろな種類を複数作ると、とても便利。

ちなみに、温めるだけでなく、冷蔵庫で冷やして冷却にも使える。猛暑日には、アイスノンなどのクール保冷剤代わりにしても良い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク