ナイアシンフラッシュのおかげで花粉症が治った

ナイアシンフラッシュを始めてから、初めての春がやってきた。

そろそろくしゃみ・鼻水が出始める頃なのに、一切、その気配がない。

スポンサーリンク

毎日のナイアシンフラッシュで、アレルギーの原因「ヒスタミン」を枯渇させる

花粉症の薬は、「抗ヒスタミン薬」と分類される。その名の通り、アレルギーの原因である「ヒスタミン」という物質を抑える作用がある。

一方、ナイアシンフラッシュは、ヒスタミンを血中に放出する。ナイアシンフラッシュを起こせば起こすほど、体内に貯蔵されていたヒスタミンが減っていくということになる。

だから、

  • 花粉症が治った
  • アレルギーが軽減した

という声も多い。

実際に、私もホコリや猫のアレルギーが、ナイアシンを飲んだ直後から消えてしまったほど。

抗ヒスタミン薬は、眠くてだるいから苦手

今まで、花粉の季節には、「アレロック」などのアレルギー薬にお世話になっていた。

しかし、アレルギー薬は苦手だ。何が嫌って、眠くなるし、だるくなるし、仕事がはかどらなくなる。

花粉症の涙・鼻水・かゆみに、アレルギー薬の眠気・だるさが加わると、もう何もしたくないレベル。

ナイアシンは眠くならないどころか、キレキレで仕事がはかどる

一方、ナイアシンは、眠くならないどころか、メンタル面にも効果があるので、妙にキレキレで仕事がはかどるようになる。

  • 頭が冴える
  • 花粉症は消える
  • アクティブに動ける

と良いことずくめ。

しかも1ヶ月あたり数百円のコストパフォーマンス

春になると憂うつで……、という人は、ナイアシンフラッシュを試してみると良いかもしれない。

ナイアシンは3ヶ月分が1,000円前後で入手できる。病院を受診して処方箋をもらったり、市販のアレルギー薬を購入したりするよりずっと安い。

周囲の人たちが、徐々にマスクにメガネと防備を重ねていく中で、まったくの無防備で花粉症の症状が一切出ていないのは、ちょっと感動すらしている。

ナイアシンは、飲み方に注意が必要(ナイアシンフラッシュと呼ばれる皮膚の紅潮やチクチク感などの反応が起きる)。飲む場合は、事前によく情報収集をして、量に気を付けながら慎重に試す必要あり。
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク