ジップロックと熟成済のぬか床で、超カンタンにぬか漬けダイエット開始

腸を整える「菌活」とダイエットのために、ぬか漬け生活をスタートした。

とはいえ、楽チンに失敗なく続けるために、ジップロックと熟成ぬか床を購入して、カンタンに。

スポンサーリンク

ぬか漬けは、ダイエット効果抜群

ぬか漬けの乳酸菌効果はすごい!

ぬか漬けは、

  • 乳酸菌

が豊富なので、整腸作用がある。

腸内環境が整うと、自然とやせやすくなるのは、ご存じの通り。

しかも、ぬか漬けをパリポリ食べると、それだけでおなかが満たされるので、摂取カロリーを抑えるためにも大活躍。

私は、きゅうり・大根をはじめとした漬け物全般が大好物過ぎるので、

  • ぬか漬け断食

に取り組みたいと思うくらい。

市販品のぬか漬けは継続するにはデメリットが多い

ただ、スーパーやコンビニで手軽に入手できる、出来合いの市販品ぬか漬けは、

  • 価格的に高い
  • 化学調味料などが多く含まれる
  • かなりしょっぱい

というデメリットがあるので、続けるなら、自宅で漬けた自家製ぬか漬けが◎。

本来は、かなり難易度高めのぬか漬け生活

自家製が良いのは自明の理としても、ぬか漬けを自宅で漬けるのは、意外にハードルが高い。

  • 米ぬかからぬか床を作る作業が面倒くさい
  • ぬか床ができあがるまで2週間くらいかかる
  • 毎日、手でかき混ぜる必要あり
  • 苦労の割においしくできない
  • ぬか床が臭くてキッチンがぬか漬けのニオイになる etc.

……というのも、昔、ぬか漬けにチャレンジしたものの、ダメにしてしまったことがあった。

また自家製ぬか床が欲しいけれど、「今度こそ、ダメにしないように!!」とがんばるのでは、続けることがストレスになってしまう。できるだけ簡略化してスタートすることにした。

用意したものは、熟成済のぬか床と、イージージッパーのジップロックL

できるだけカンタンにぬか漬け生活を開始する」というコンセプトのもと、準備したものは、

  1. 買った日からすぐ使える熟成済のぬか床
  2. イージージッパーのジップロックL

の2つ。

今すぐ使える熟成済のぬか床

本来は、ぬか床を作って最初の1〜2週間は、「捨て漬け」をして、ぬか床を熟成させないといけない。

最初は乳酸菌がぬか床の中にいない。そこへ野菜を繰り返し漬けることで熟成させ、乳酸菌を増やすのだ。

このとき漬ける野菜は、まだぬか漬けになっていない。まずくて食べられず捨てることになるので、野菜くずを漬ける。

この手間を省くためには、

  • すでに熟成済のぬか床を購入する

といい。

漬け物専門店の高級な熟成済ぬか床もあるけれど、今回は「カンタン手軽」に始めるのがモットーなので、約500円でAmazonで購入できるぬか床を購入。

賛否レビューがあるものの、市販の出来合いのぬか漬けと比較すれば格段においしい。初心者はこれで十分(つけもと 熟成ぬか床パック 1kg

このぬか床は、チャック付きの外袋にぬかを入れて、そのまま冷蔵庫に入れて保管できるようになっている。

冷蔵庫で保管すれば、毎日かき混ぜる必要はない。

かき混ぜるときも、袋の上からモミモミすればOKなので、カンタン。

  • 手が汚れない
  • 臭くならない

といいことずくめ。

しかも、届いてすぐに、きゅうりを3本漬けてみたら、約1日で、

  • 「超、おいしいぃ〜!涙」

というぬか漬けが完成。3本全部食べて、お昼代わりにした。

イージージッパーのジップロックL

前述のぬか床でも、十分楽チンなものの、毎回「チャックを閉める」のが、地味に手間。

そこで、スライド式のジッパーが付いている、「ジップロック イージージッパー Lサイズ」を使うことにした。

これで、チャックを閉めるストレスから解放されたし、「モミモミ」もしやすくなった。

ジップロックは乳酸菌が増えない説?

ところで、

  • 「ジップロックでぬか漬けを作ると、乳酸菌が増えない」

という説を耳にした。

しかし、乳酸菌がいなければぬか漬けにはならないわけで、「増えている」かどうかはわからないけれど、「最低限、いる」ことはわかる。

また、ジップロックではなく、タッパーなら乳酸菌増えるのか?というと、同じことだろう。

昔ながらの正統派の作り方で、

  • 樽や陶器の入れ物
  • 密封せずにサラシをかける
  • 常温で保管

というお手入れなら、乳酸菌がガンガン増えるのだろうなと思う。

しかし、タッパーやらホーロー容器やらを使い密封して冷蔵庫へ保管するのなら、ジップロックと変わらないだろうから、私は気にせずジップロックで作っている。

今は2つのジップロックぬか床が稼働中

熟成ぬか床&ジップロックなら手軽なので、複数持ちもできるのも魅力的。

今、私は2つのジップロックでぬか床を稼働させている。

たっぷり作りたいときや、漬けている野菜に時間差があって面倒なときなど、2つあると便利。

「熟成ぬか床パック」はこちら
「ジップロック イージージッパー Lサイズ」はこちら

追記:その後、すっかりぬか漬け生活にハマり野田琺瑯を購入

ここから、最初に記事を書いてから1年半後の追記。

簡単に気楽にスタートする」という作戦が功を奏し、ぬか漬け生活は見事に軌道に乗った。ぬか漬けが大好きになったし、ぬか漬けに関する本を何冊か読んで、勉強したりもした。

はじめる、続ける。 ぬか漬けの基本

徐々にぬか床に対する愛情も深くなり、ジップロックからタッパー容器へ乗り換え、最終的には野田琺瑯のぬか漬け美人にたどり着いた。

野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32
冷蔵庫に入れるのにちょうど良いサイズ
野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32

ぬか床のぬかも、その後は出来合いのものではなく、有機栽培のぬかを取り寄せたり、塩にもこだわったり。

ジップロックから始まったぬか漬け生活が、こうして日常に定着して、とてもうれしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク