面倒なじゃがいもの皮むき。包丁も皮むき器も不要・手でつまむだけの簡単なむき方

とにかく「じゃがいもの皮むきが面倒だ」と思っていた。それを解決する、自分でもびっくりする発明。

スポンサーリンク

過去最高に簡単にむけるじゃがいもの簡単なむき方

この方法でじゃがいもの皮をむくと、むくときには包丁も皮むき器も不要。手で軽くつまくだけでツルンとむける。やり方はとっても簡単。

※下ごしらえのときには、包丁は必要になる。

  1. じゃがいもを洗う。
  2. 包丁で縦方向にくるりと一周、切れ目を入れる。

  3. 横半分にカットする。

  4. 皮ごと蒸す(または、ゆでてもレンチンでも可)。
  5. 蒸し上がると勝手に皮が浮き上がっている。皮を手でつまむとスルンとむける。

試行錯誤の結果、たどり着いた境地

自分はあまりじゃがいもは食べないものの、頻繁に、しかも大量に、じゃがいもを茹でる機会がある。

3〜4個ならまだしも、10個15個という勢いで消費するため、

  • じゃがいもの皮むき

が、もっと効率的にならないものかと、辟易していた。そんなときに発明したのが、このむき方。

補足

  • 「茹で方はどうやっているんですか?」

と質問をいただいた。蒸しても茹でても電子レンジでも、お好みの方法でOKだが、私の方法を参考までに追記しておく。

じゃがいも4個〜10個以上:「圧力鍋」使用

大量にじゃがいもを使うときは、圧力鍋で蒸すのが早いしおいしい。私は高圧の圧力鍋を使っている。

【Amazon.co.jp限定】ワンダーシェフ 圧力鍋 シックグレー 5.5L 魔法のクイック料理 超高圧140kPa 浜田陽子のレシピ本付 AQDA55GRY
ワンダーシェフの圧力鍋を2個所有
ワンダーシェフ 圧力鍋 超高圧140kPa

圧力鍋に付属の蒸しすを鍋底に敷いたら、1〜2cmの水を張る。

その上に、この記事でご紹介した方法で下ごしらえしたじゃがいもを並べ、圧力鍋のふたをセットして、強火にかける。

シュルシュル言い出してから火にかけたまま10〜15分、その後、火を止めて自然に圧が抜けるまで放置している。

10分だと程よく固さも残る程度、15分だとスプーンで混ぜるだけで勝手につぶれていく程度まで柔らかくなる。

じゃがいも1〜3個:「電子レンジ」使用

1〜3個程度のじゃがいもを、すぐに欲しいときには、下ごしらえした後に、ラップで包んで電子レンジでチンする。

電子レンジでも、皮が勝手に浮き上がってくるのは同じ。

1個ずつラップで包む手間さえ面倒なときは、適当な容器にすべて入れて、容器にふたなりラップなりしてチンすればOK。

電子レンジにかける時間の目安は、600Wで1個あたり2分(2個の場合は4分)

スポンサーリンク
スポンサーリンク