暑さと緊張で汗が止まらない私がアネロンニスキャップ飲んだら一滴も汗かかなかった

最近、急に暑くなってきた。

例年なら、緊張と暑さのダブルコンボで、顔汗と戦うことになる。今年はアネロンを飲んでいるので、全然大丈夫。

スポンサーリンク

アネロン飲んだら、坂道上がった後でも汗かかなかった

このブログで、何度か紹介してきているアネロンニスキャップ。

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル
関連記事

先日、仕事の商談があった。連日の真夏日。ただ歩いているだけで、汗が出てくる状況。

しかも、取引先のオフィスは、駅から坂を10分ほど上った先にある。

2人で向かっていたので、自分のペースでゆっくり歩くわけにもいかない。

一緒にいた人がやけに早足だったので、

  • 「まずいな…着いた途端に汗吹き出すパターンだな…」

と思いながら、かなりのスピードで歩いていた。

私は電車に駆け込んだ途端に汗が噴き出す

電車に駆け込んだ途端に汗が吹き出す」というパターンに悩んでいる人は、結構いるようだ。

私は典型的なこのタイプ。しかも、動きを止めた後に声を張って人と話したりすると、汗がまったく止まらなくなる。

さらに、そこへ少しでも「緊張」が混ざれば、ポタポタ落ちるほど顔汗が出てきて、どうしようもなくなる。

だから、この日は

  1. 暑さ
  2. 動く→急に止まる
  3. 緊張

の3点セットがそろっていて、非常に汗だくになりやすい状況だったのだ。

しかし30分前にアネロンを飲んでいた

しかしこの日は違った。

商談で緊張する可能性を考えて、30分前にアネロンニスキャップを飲んでいたのだ。

  • 「効いてくれ効いてくれ…!」

と願いながら、商談先に着く。

「暑いですね」ともう一人がハンカチを取り出し、頭からフキフキしているのに、

  • (あれっ、私、まったく汗出ない…!)

思わず、いつも汗だくになる髪の生え際や鼻の頭、鼻の下をさりげなく触ってみるけれど、

  • サラッサラ

で、内心驚愕する。

商談が始まると、

  • 「いや〜、今日は本当に暑いですねえ」
  • 「もう夏が来たんちゃいますかー」

なんて会話。ニコニコ同調していたら、

  • 「でも、●●さんは、涼しげですね!」

と、びっくりなコメント。汗だく女王の私が、多汗症で心療内科に相談に行ったこともある私が、

  • す・ず・し・げ

ですと〜??

このときは、本当に思った。アネロン様々。

まったく本来の使い方から離れて自己流の飲み方してごめんなさいだけど、でもでもありがとう。私を救ってくれて。

汗が出たりしないから緊張しないでスムーズに話せる

しかも、アネロンニスキャップを飲んでいると、全然緊張しない。

アネロン自体にも、緊張を抑える作用があると思う。どっしりと構えて、相手のことがよく見えるし、落ち着いて考えながら堂々と受け答えができる。

あがり症を最もこじらせていた頃の私は、

汗が出たらどうしようと最初から思っている
少しの動揺がきっかけで汗が出る
汗止まれ止まれと思う程どんどん出てくる
汗を隠したくて相手の顔がまともに見られない
焦って慌ててしゃべるので失敗する
ますます緊張して汗が止まらない

という、非常にみじめで逃げ場がなく、情けなくて死にたいほどの失敗を繰り返してきた。

こんな、数百円でドラッグストアに置いてある酔い止め薬で、自分の人生が救われるとは思わなかった。

汗のことを気にせず、堂々と暮らせるのは、本当に気分がいい。

私が飲んでいるアネロンニスキャップはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク