ジェルのフットネイル2ヶ月以内に変えること。半年付けっぱなしで緑色のカビ生えた事例も

とても久しぶりに、フットのジェルネイルをしてきた。

ここのところ、足の爪はネイルポリッシュのみでケアしてきたので、とても新鮮。

そのときに、ネイリストさんから聞いた話。

フットネイルは2ヶ月程度で交換が◎

フットのジェルネイルを始めたとき、

  • 「どれくらいで交換すれば良いの?」

というのは、気になるところ。

ネイリストさんに聞いたところ、

  • 2ヶ月くらい

で変更する人が多いそう。

多くの人は、ハンドのネイルと同時施術をしていて、ハンド2回に対してフット1回のスパンだそうだ。

上手にすると、3ヶ月くらい持たせる人もいる様子。

一夏持たせる」というのは、ネイリストさん的にも許容できる範囲で、可能なようだ。

フットネイル付けっぱなしはカビのリスクがあるので要注意

しかし、それを超えて6ヶ月以上付けっぱなし、なんて人も中にはいるよう。そうなると今度は「カビ」のリスクがあるので、おすすめできないそうだ。

いわゆる「グリーンネイル」と呼ばれるもので、爪のカビ

足は、靴や靴下に覆われており、湿気が溜まりやすい部位。その上、手と違って、目線から遠くにある。異変に気づきにくい。

さらに、半年以上も付けっぱなしの人は、自分で爪切りでカットしていることが多い。これをやってしまうと、ジェルと自爪の隙間が空いて、隙間から水分が入りやすくなるとのこと。

ネイルサロンで外してみると、緑色のカビが……、というケースが多いらしい。

カビが生えるとネイルができなくなる。これが痛い

カビが生えてしまうと、その爪にはネイルができなくなる。これが、痛い。

カビに見舞われた場合、カビの生えている爪だけネイルができない。しかも、緑のカビが生えているのが見えている。

秋冬ならまだしも、夏は「素足にサンダル」ができなくなってしまうので困る。

こういったピンチに陥らないようにするためには、ジェルネイルを付けっぱなしにしないこと。

私は7月の下旬にネイルを付けたので、8〜9月を楽しんだら、夏の終わりにはネイルサロンに行って外してこようと思う。


この記事をシェアする