梅醤番茶の効果で体調不良がスカッと治る。風邪の引き始めは葛根湯より梅醤番茶

マクロビをしている人の間ではおなじみの「梅醤番茶」。

マクロビをしていなくても、常備しておくと重宝する。塩分がしっかりあるお茶なので、熱中症対策にもいい。

マクロビオティックに取り組んでいた頃に知った梅醤番茶

過去に、マクロビに取り組んでいた時期がある。

長期間、本格的に徹底チャレンジした結果、私にとってはマクロビはナチュラルなものではなかった。なので、続けなかった。

ただ、その頃に出会ったいくつかの知恵は、今でも生活に根付いている。

そのひとつが、「梅醤番茶」。

  • 梅干し
  • 醤油
  • 番茶

の3つの材料で作るお茶。ここに生姜をプラスしたりもする。

次のような効果があるといわれている。

  • 抵抗力を上げる
  • 代謝を上げる
  • 体を温める
  • 解毒作用
  • 整腸作用 他

私の体感では、「風邪の引き始め」のような“病院に行く一歩手前の不調”を感じたとき、梅醤番茶を飲むと、すぅ〜っと、楽になることが多い。

CMなどの影響で、「風邪の引き始めには葛根湯」と記憶している人は、多いかもしれない(私がそうだった)。

でも、甘ったるい葛根湯を飲むと、(糖質に弱い私の場合)もっと具合が悪くなりがちだった。

そんなとき、梅醤番茶を飲むようにしてみたら、こちらは本当に体がスッキリするのだ。

日々の猛暑で、塩分・水分不足に陥りがちなときにも、梅醤番茶を飲んでおくと、熱中症対策になる。

薬疹のじんましんがなかなか引かないときにも大活躍

先日、じんましんが引かないとき、ベビーパウダーが良かったという記事を書いた。

一方、飲み物は、梅醤番茶がじんましんを引かせるのに、一役買ってくれた感じがする。

体の中に溜まったものを排出するデトックス作用が、強いように感じる。

自分で作るのは大変なのでパックタイプの梅醤番茶を愛用

梅醤番茶は手作りではなく、お湯を注ぐだけで飲めるパックタイプを常備している。

マクロビオティックに取り組んでいる人は、オーガニックの梅干しや3年番茶などそろえて、手作りで作る。しかし、なかなかそこまでできないので。

出来合いの梅醤番茶にもいろいろな種類がある。初めて「瓶タイプ」だったけれど、これは使いづらかった。

都度、清潔なスプーンを準備しないといけないし、最後の方は梅醤番茶がカピカピに乾燥しはじめて、瓶のふちについてしまう。

きれいに最後まで飲みきれなかった。

そんな経験を踏まえて、落ち着いたのは、1回使い切りのパックタイプの梅醤番茶。

これなら、1回分ことにスティック型のパウチに入っている。常に清潔だし、瓶のようなわずらわしさがない。

旅行にも持っていき、体調管理に努めるようにしている。

  • 「薬はなるべく飲みたくないけれど、体調不良のときには助けが欲しい」

という気持ちに、手軽に答えてくれるので重宝している。

無双本舗 有機梅干番茶・スティックはこちら


この記事をシェアする