シャンプー回数頻度を減らせば髪の傷み進行しない。2日に1回、一日おきでOK

「湯シャン」までいかなくても、シャンプーの回数・頻度を減らすだけでも、随分、髪の傷みは抑えられることがわかった。

2日に1回(一日おき)程度で十分かもしれない。

湯シャンを卒業してからのシャンプー事情

下記の記事で書いたように、湯シャンに本格的に取り組んだ後、やめたことがある。

湯シャンの記事

今は、普通にシャンプーする生活をしている。ただ、毎日はしない

髪の毛や爪は死んでいる

  • 髪の毛

は、完全に死んだ細胞のかたまりだ。

本来、髪の毛は、

  • とかさない
  • 濡らさない
  • 洗わない
  • 紫外線に当てない……

つまり、「何もしない」「何も触らない」のが一番、傷まない。

しかし、そうも言っていられないのが実際のところ。

  • 整髪料で汚れる
  • 外の外気で汚れる
  • 皮脂や汗で汚れる
  • 見た目をキレイに整える必要がある

といった事情があるからだ。

そこで、私はシャンプーを最低限にするという方法に落ち着いている。

現在のシャンプーをする頻度とタイミング

最近は、2日に1回(一日おき)のシャンプーで落ち着いている。それも、髪が汚れていなければ、シャンプーを使わずにお湯で流すだけ。

家にずっといて外出せず、髪の毛が汚れなかった日は、お湯で流すこともしない。

外出あり 汚れあり シャンプー剤で洗う
外出あり 汚れなし お湯で流す
外出なし 何もしない

このスタイルにしてから、髪の毛の傷みが全然、気にならなくなったし、まとまりも良くなった。

ちなみに、シャンプー剤を使って、髪を泡立てて洗う頻度は、3日に1回程度だ。

1年で365回シャンプーするのか100回に抑えるのか

湯シャン時代に学んだ、「シャンプー剤」は髪を傷ませる、という概念は重要だと思う。

どんなに高級で成分良好なシャンプー剤であっても、シャンプー剤自体を使わない方が、傷まないのだ。

365日365回シャンプーをするのはやめて、3分の1程度に抑えることができれば、傷み度も3分の1に軽減できる。


この記事をシェアする