人に触ってもらうのは美容効果あり。ぜい肉は誰にも触られない場所に付く

「1週間に1度、エステに通うより、毎日自分でマッサージした方が、美容効果が高い」と思っていた。

けれど、そうとばかりも言えないようだ。「人に触ってもらう」こと自体にも、美容効果を感じるからだ。

誰にも触られない場所にぜい肉は付く

「部分痩せ」も「部分太り」もない、というのが科学的な見立て。

一方で、長年、自分の体を観察してみると、生身の私の体は、科学とはまた違う動きをしてきたことも、また事実。

そうして得た“自分の真実”のひとつに、

  • 誰にも触られない場所に、ぜい肉は付く

というのがある。

体は、寂しがり屋なのかもしれない。放置され、無視され、存在を持ち主(あるいは他の誰か)に認知してもらえない部位には、ぜい肉がたっぷりと付く。

まるで、寂しさをぜい肉という布団で守るように。温めるように。

……なんて、詩的な表現をしても、そんな風につくぜい肉は、ちっともうれしくない。

だから私は、

  • 自分の体を無視しない

ことを、とても大切にしている。

シャワータイムには手のひらを使って、体の隅々を丁寧に撫でながら洗う。目線が届かない太ももの裏やお尻は、特に念入りにマッサージする。

自分と相性の良い人に「触ってもらう」セラピー効果

冒頭に書いたように、以前の私は、

  • 「週1のエステなら、毎日の自己エステ」

と思っていた。

  • 「週に1回だけ極上のエステを受けたって意味がない。それより毎日10分でも自分でケアする方が効率的」

と考えていたのだ。

それが間違っているとは思わないが、最近は

  • “相性が良い他人”に触ってもらうセラピー効果

も、かなりのものがあると実感している。

幸運なことに、相性の良いセラピストとの出会いがあった。彼女のところに1〜2週間に1度のペースで通っている。

すると、施術内容以上に、シュルシュルと体全体がゆるみ、美容効果が実感出来ているのだ。

現時点での結論として、

  • 毎日の自分の手によるセルフメンテナンス
  • ときどきの相性の良い人によるメンテナンス

の二重の構えが、最強なのだろうと思う。


この記事をシェアする