スキンケアは右回り・クレンジングは左回り(効果をアップさせる手指の使い方)

スキンケアは、使うものより使い方」が信条の私としては、一つのアイテムの実力を十分に引き出す使い方の研究、というのは非常に興味深いもの。

そして、たいていのスキンケア行為は「指」「手」を使って行う。

ちょっとスピリチュアル寄りの話にはなってしまうものの、この「指」「手」の、使い方のテクニック(コツ)がある。

成分が「入る」向きと、汚れが「出る」向きがある

エネルギー的に、「入れる」向きと、「出す」向きがある。

  • 右回り……エネルギーが入る向き
  • 左回り……エネルギーが出る向き

これを、スキンケアに応用すると、

  • 成分を入れたいとき……右回り
  • 汚れを落としたいとき……左回り

で効果が倍増する。

ちょっとややこしいが、「ねじ」をイメージすると良い。

  • ねじを締めていく方向が「入れる向き」
  • ねじをゆるめていく方向が「出す向き」

となっている。

スキンケアは右回り(自分から見て左回り)に入れ込む

化粧水、乳液、美容液、クリームなど、成分を自分の中に入れたい場合は、外側から向かって右回り(自分から見て左回り)に指を動かす

また、「ありがとう」と声をかけた野菜はおいしくなった・言葉によって水の結晶が変わるなどの話があるけれど、それはスキンケアも同じ。

「汚い肌」と思って触れば、汚い肌になるし、「超・美肌!」「きれいな肌!」「ありがとう!」って思って触れば、そのようになる。

最強は、

  • ありがとう、って言いながら、右回りにクルクルマッサージ

(若干、怪しいけれど)。

クレンジングは左回り(自分から見て右回り)に引き出す

成分を入れ込みたいスキンケアとは逆に、肌にとって不要な汚れ・老廃物・角栓・メイクなどを除去したいクレンジングでは、外側から向かって左回り(自分から見て右回り)に手を動かす

自分に刺さっているネジを、ゆるめていく方向とイメージすれば、間違えない。

逆回りだと、汚れが肌の中に入っていくことになるので注意。左回りにクレンジングした方が、よく汚れが取れる。

意識すれば同じ化粧品でも美肌度が変わる

どうせ同じスキンケアを行うなら、最大限の効果を出したいもの。

ちょっとした工夫を知っているだけで、丁寧にスキンケアができるようになる。すると、本当に肌って元気になる。

「向き」を意識することは、結果として、自分の肌に心を向けてケアすることにもつながり、一石二鳥。

心をこめると、同じ化粧品でもどんどん肌ってキレイになるのだ。


この記事をシェアする