ネックレスが回るのを防止する方法はアジャスターがおすすめ 根本原因は骨盤のゆがみかも

ネックレスが、どうしても回転してしまい、本来後ろにあるべき留め具が、前に来てしまう。

どうやら、原因は体のゆがみらしい。

根本的な解決に努めながらも、ひとまず今すぐに解決するために「アジャスター」を買ったら、まったく動かなくなって一安心。

アジャスターとは?

まず先に、今日からネックレスが回らなくなる解決方法から。

ネックレスの長さを調整するのに使う「アジャスター」を取り付けてから、100%回らなくなった。

私が使っているアジャスターは、900円台で購入したこちら。

お肌に優しいニッケルフリー 15cmスライドアジャスターチェーン カラー:ゴールド (ad0004-G)

色はイエローゴールド・ピンクゴールド・シルバーの3色用意されている(お肌に優しいニッケルフリー 15cmスライドアジャスターチェーン

これをネックレスに装着すると、0〜15cmの間で、ネックレスの長さを延長することができる。

「クルクル回ってしまう問題」は、この余った部分を、首の後ろに垂らしておくことで、強力に解決できるのだ。

図解すると、下記のようになる。

私はこのアジャスターを取り付けることで、ひとまず、ネックレスが回る悩みからは解放された。

体がゆがんでいると、ネックレスやスカートがクルクル回る

ところで、「ネックレスが回ってしまう問題」は、多かれ少なかれ、すべての人が抱える問題かと思いきや、そうでもないようだ。

体がゆがんでいない人は回らないらしい。

そして、ゆがんでいる人は、ネックレスだけでなく、スカートも回ってしまうという。

これ、私にも当てはまる。

気付いたら、スカートの前が横に来ている、なんてことはよくある。それが嫌で、構造的に回りそうなスカートは、なるべく選ばないようにしている。

本来であれば、ネックレスやスカートが回らないように、体のゆがみの方を調整するのが理想的。

体のゆがみの治し方

体のゆがみを治したい、と思っても、自己流ではなかなか難しい。通っているサロンでゆがみのことを相談して、整体やマッサージでの調整をお願いしている。

ただ、施術時だけでなく、日常的にもストレッチを取り入れた方が良いとのことで、下記本を参考に、エクササイズを開始した。

ただし、注意点として、出てくるエクササイズは、「ストレッチポール」を利用したものが多い。

自宅にストレッチポールがない場合は、一緒に購入しておいた方が良さそう。

追記:10Kのアジャスターを改めて購入した

記事の冒頭で紹介したアジャスターは900円という安価なものだった。それを毎日使っていたら、背中の部分がかゆくなってきてしまった。

どうしようかと思っていたところ、楽天で10Kのアジャスターが見つかったので、こちらを改めて購入。かゆみもなくなり、すっきり。

肌が弱い人はこちらの方が良いかもしれない。

肌が弱い人はこちらの方がおすすめ。こちらもシルバー・ゴールド・ピンクゴールドの3種類から選べる(10Kアジャスター


この記事をシェアする