ハイレスの副作用・危険性について

ハイレス

前回に続いて、ハイレスについて。

ハイレスは医薬品のため、服用は慎重にする必要がある

以前「薬疹」のリスクが高いことを書いた。今回「髪の毛がハゲる」という体験談を伺ったので共有させていただく。

スポンサーリンク

ハイレスの服用は自己責任。リスクがあるので要注意

前回の記事でも触れたけれど、私は2018年1月現在、ハイレスを飲んでいない。理由は、冬になって、肌の乾燥がひどくなったため。

個人輸入などで自己判断で薬を服用すると、すべてが自己責任になる。本来、薬は医師の診断のもと飲むべき。

「リスクを取った上で、自己責任で飲んでいる」という人もいるかもしれない。ただ、特にハイレスについては、より慎重になった方が良いと思うようになった。

それは、まず「薬疹」が起きやすいという面があると知ったからだ。詳しくは、下記の記事で書いた。

スピロノラクトンを処方してもらえばハイレスと同じ

ハイレスの成分はスピロノラクトン。スピロノラクトンは、医師に処方箋を書いてもらえば、医師の指導のもとで服用することができる。

ニキビ治療やAGA治療を行っている美容系のクリニックでは、ハイレスと同成分の「アルダクトンA錠」を自由診療で処方しているクリニックが多い(私が通っていた美容皮膚科でも処方していた)。

なので、服用したい場合は、そういったクリニックで相談するという方法がある。

[スピロノラクトン 皮膚科]で検索した結果はこちら

「ハイレスで禿げた」という情報あり

「薬疹」に加えて、今回「ハイレスで禿げた」という体験談を伺った。以下引用させていただく。

浮腫はさっぱりとれ、綺麗に身体のラインがでて、それでいて胸は衰えずだったので、用法用量を守って、毎日服用していましたが、結果、禿げました。

どうも頭皮も乾燥するようで、毎日毎日すごい量の毛が抜け落ち、気付いた時には禿げていました。

ハイレスのせいだと気付かず、シャンプーを変えたり、頭皮のマッサージーを毎日したり、ヘッドスパなど、できる対策をやってみたのですが、効果はなく、そしてハイレスの服用をやめた翌日、ピタリと抜け毛が減りました。(シャンプー時の抜け毛の量で確認しています。)

ハイレスで肌が乾燥するメカニズムとは?

ハイレスや、同成分(スピロノラクトン)の「アルダクトンA錠」は、

  • 男性ホルモンの作用を抑える

という作用がある。それを利用して、皮膚科でニキビ治療に使われることもある。

以下、ニキビ治療にアルダクトンA錠を使用しているクリニックのサイトから引用。

アルダクトンAは、元々は利尿・降圧剤です。
高血圧症や原発性アルドステロン症に用います。

この薬には、男性ホルモンを受け取る部分(アンドロゲンレセプター)を阻害する作用があることがわかっています。
その作用を利用して、ニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑え、にきびを治療します。
むやスキンクリニック

男性ホルモンは、皮脂分泌を活性化させる働きがある。だから、

  • [男性ホルモンを抑える→皮脂分泌を抑える→ニキビが治まる]

という作用がある。

一方、皮脂分泌がもともと少ない乾燥肌の人が、ハイレスやアルダクトンA錠を飲むと、

  • 皮脂が不足して肌が乾燥する

という事態が起きる。

[頭皮が乾燥して、頭皮環境が悪くなって、髪の毛がダメージを受ける]ということは、あり得る。

AGA治療にも使われる面もあるが、過信できない

一方、男性ホルモンの過多が原因となる男性型脱毛症(AGA)や女性男性型脱毛症(FAGA)に対しては、治療としてアルダクトンA錠(成分名:スピロノラクトン)が使われることもある。

参考サイト

こういったサイトの情報を見ると、

  • 「スピロノラクトン(ハイレス、アルダクトンA錠)は薄毛に効果がある薬」

と思うし、実際に服用している人のレビューを読むと、薄毛目的で飲んでいる人も複数存在する。

が、「逆に、禿げてしまった」という体験談もあることを考えると、やはり安易に飲むのはリスクがある薬だ。

AGA治療でハイレスを利用したい場合は、個人輸入ではなくて、アルダクトンA錠(成分名:スピロノラクトン)を扱っているクリニックを受診し、医師の診断のもとに服用することをおすすめする。

扱っているクリニックは多いので、Google検索にて、すぐに見つかるはず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク