最強の乗り物酔い止め薬はアネロン ニスキャップ あがり症対策にも使える

大人になっても、乗り物酔いしやすい体質だ。船はもちろん、日常で使う電車・バス・タクシーでも、気分が悪くなる。

毎日、酔い止め薬を服用しているわけではないけれど、「今日は酔ったらマズイ」という日には、薬のお世話になっている。

何十年も、乗り物酔いしやすい体質をやっているので、いろいろ試した。

  • トラベルミン、パンシロン、センパア、スローソフト etc.

そんな中、「これが最強」と手放せないのは「アネロン ニスキャップ」だ。

しかも、自律神経を整える効果が転じて、「あがり症」にも効くことを発見してしまった。

スポンサーリンク

「アネロンニスキャップが一番効く」と言っている人が多い

アネロンは、ドラッグストアの乗り物酔い止め売り場で見ると、目立たない。

ひっそり置いてある店舗が多くて、最初は存在さえ知らなかった。

あるとき、ネットで検索していると、

  • 「アネロンが一番効く」
  • 「薬剤師さんに、一番よく聞く酔い止めはアネロンと言われた」

という声が多いことを発見。

すぐに購入して、試してみた。

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

アネロン「ニスキャップ」は、効きめにムラがなく1日1回の服用で長時間効果が持続する持続性の乗物酔い薬です。

乗物酔いに効果的な5種類の鎮静・鎮吐成分が配合されていますので、はきけ・めまい・頭痛のつらい乗物酔いにもよく効きます。
アネロン「ニスキャップ」

実際、これは本当によく効いて、本当に最強だった。

長時間の船や、運転の荒いタクシー移動でも、アネロンニスキャップさえ飲んでいれば、まったく酔うことがない。

自律神経の薬ということは、あがり症が治る?という発見

素晴らしい酔い止めが見つかってうれしかったのだが、それだけではなかった。

「どうしてアネロンはこんなに効くのだろう」と成分を調べている過程で、「自律神経の乱れ」に効くということを発見。

酔い止めは、そのメカニズムは明確に分かっていないそう。ただ、自律神経や平衡感覚、反射性の嘔吐予防の薬などを組み合わせることで、酔いにくくしているとのこと。

「アネロン / ニスキャップ」の場合、下記のようなアプローチを行っている。

アネロン「ニスキャップ」

「自律神経の乱れ」に効果があるということは、

  • 自律神経に問題がある“あがり症”も、アネロンで収まるのでは?

と推察。

特に、含まれる成分のうち、下記の成分は、あがり症にも効果が期待できそう。

  • マレイン酸フェニラミン(抗ヒスタミン作用)
  • スコポラミン臭化水素酸塩水和物
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

試してみたら、あがり症が著しく改善

緊張しそうなプレゼンの前に、ものは試しとアネロン・ニスキャップを飲んでみた。

結果、効きすぎて、ペラペラと冗舌になるくらいだった。

普段なら、緊張の度合いがひどくなると、赤面症や多汗症の症状が出てくる。アネロンを飲むと、まったく赤面しないし、汗なんて一滴も出ない

アネロンが赤面症に効くのは重宝する

多汗症の内服薬には、以前私も服用したことがある「プロバンサイン」がある。

関連記事

プロバンサインは、作用の強い薬だ。服用すると、全身の汗・涙・唾液がすべてストップして、汗が出なくなった。

「多汗症」は、このプロバンサインがあれば抑えられる。しかし、もうひとつの悩みである「赤面症」に効く内服薬というのは存在しない。

抗うつ薬(SSRI)や抗不安剤を飲むという手はあるが、これらは精神面に効く薬。

私が欲しいのは、「多汗症の汗」をプロバンサインが抑えるように、「赤面症の、顔に血がのぼる身体症状」を抑える、体に効く薬だ。

そんな薬は存在しなかったのだけれど、アネロンは、体に効く感じがするのだ。

「心が緊張しないから赤面しない」というより、「緊張しても顔に血がのぼってこないから赤面しない」という感覚に近い。

赤面症のメカニズムは、解明されていないそう。

乗り物酔いの酔い止めで症状が変わるということは、乗り物酔いと似たメカニズムの部分があるのかもしれない。

私は、緊張したとき、震え・涙目・動悸などの症状はないが、これらにもうまく作用してくれるかもしれない。

アネロン・ニスキャップの飲み方

服用方法は、下記の通り。

次の1回量を1日1回、水又はぬるま湯で服用してください。ただし、乗物酔いの予防には乗車船の30分前に服用してください。

年齢 成人(15才以上) 15才未満
1回量 1カプセル 服用しないこと

アネロン「ニスキャップ」

乗物酔いの予防には乗車船の30分前に服用してください」との記載から、効果が発現するまで、30分かかることがわかる。

私の場合は、酔いやすい乗り物に乗るとき・緊張しそうなスピーチを行うときなど、1時間以上前には飲んでおくようにしている。

30分〜1時間で効きだし、その後4〜5時間まで強く効いていて、6〜8時間で徐々に抜けていくイメージ。

場合によって、もう1カプセル追加することもある。

アネロン・ニスキャップの注意事項(副作用)

医薬品なので、良い面ばかりではない。飲んだ後のネガティブな症状として、私は下記が生じる。

  • 異常に眠くなる
  • 口や目がパサパサに乾く
  • 当日夜、お酒を飲むと酔いが回りすぎる

(1)異常に眠くなる

まず、一つ目の「異常に眠くなる」件。

アネロン・ニスキャップを飲んでいると、神経が鎮静する。脳と体の反応がスローダウンする感じ。

だから、あがり症の症状が出て、交感神経が活性化しているときは、プラスマイナス0になりちょうど良い。

しかし、プレゼンやスピーチが終わってホッとした後は、今度は「ボーッ」とした感じと「眠気」に襲われる。日によっては、考える仕事が手に付かないくらい眠い。

アネロン・ニスキャップを1カプセルならまだしも、2カプセル飲んだ日は、もうデスクワークは使いものにならないという感じ。

(2)目や口がパサパサに乾く

緊張による汗が止まると同時に、涙や唾液も止まる。これも、1カプセルならそれほど気にならないが、2カプセル服用するとパッサパサになる。

花粉症などのアレルギー薬と同じ抗ヒスタミン作用のある「マレイン酸フェニラミン」や、副交感神経遮断作用のある「スコポラミン臭化水素酸塩水和物」が影響しているのではないか。

抗ヒスタミン作用は鼻水や涙を止めるし、副交感神経遮断作用は汗やよだれを止める。

(3)当日夜、お酒が回る

最後に、お酒。当日夜に、飲み会や接待の予定が入っているときは、アネロン・ニスキャップを飲まない方が良い。

お酒の酔い方が普段と違うので、悪い酔いするリスクが高い。私は普段なら平気な量で気分が悪くなった。

追記:子ども用のアネロンキャップでネガティブ症状を解決

その後、1カプセルあたりの含有成分が半量の、子ども用のアネロンキャップを発見した。

子ども用のアネロン
【指定第2類医薬品】アネロン「キャップ」 4カプセル

子ども用のアネロンだと、前述のネガティブ症状が、ほぼ気にならなくなった。

関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク