「首を揉むと脳梗塞の原因になる」という記事を読んでから怖くて首が揉めない

1ヶ月くらい前に、週刊誌で、「素人が首を揉むのは危険」「脳梗塞の原因になる」という記事を見掛けた。

それから、怖くて首が揉めなくなってしまった。

首を揉むことには、大きなリスクが伴う

私が最近読んだ雑誌記事ではないものの、ほぼ同じような内容の記事が週刊現代のサイトに上がっていた。

講談社から発売されている、下記の本の著者の主張。

首は絶対にもんではいけない! 首は脳の一部、強くもむと不調を引き起こす (講談社の実用BOOK)

週刊現代も講談社だし、失念してしまったが最近私が読んだ雑誌も、恐らく講談社の雑誌だったのだろう。

首は自律神経と密接に関係していて、非常にデリケートだから、安易に揉むことでさまざまな不調の原因になるという。

特に衝撃を受けたのが、「首を強く揉むと、血管が詰まって脳梗塞になる恐れがある」という話。

記事から引用

「首を強く揉むことによって、頸動脈などの血管にこびりついているプラーク(血管のカス)や血栓が剥がれ落ち、血管が詰まって脳梗塞になる恐れがあります。プラークは年齢が高くなるに連れて生じやすいので、高齢者ほど危険です。

最悪の場合、首への負荷によって血管の外壁に亀裂が入り、そこの部分に瘤が出来てしまい、クモ膜下出血につながる恐れもあるのです」
週刊現代

えええええっ。ほんと!? 怖すぎる。

私は、首のコリがひどいので、首をもみもみする専用グッズも買ったりしている。

マッサージサロンに行くこともあるし、自宅にふたつあるリファでコロコロすることもある。

MTG ReFa CARAT (リファカラット) PEC-L1706

それで脳梗塞になるリスクがあるなんて、にわかには信じられない。

ただ、「揉んでも良くならない」という点では納得感がある

記事のすべてをうのみにするわけではないものの、

  • 揉んでいても良くなったことがない
  • むしろ揉むほど悪くなる気がする

という点では、「もんではいけない」というのも、あながち間違いではないのだろうと思った。

しばし「首をもまない・触らない」キャンペーンを実施することに

こういうときは、実際に自分でやってみるに限る。

  • 「首を安易に揉むのは怖い!」

という気分になっていることを利用して、しばし、首をもまない・触らないキャンペーンをしてみることにした。

これによって、ずっと悩まされてきた首のコリが、すっきり治ったりしたら、うれしいのだけれど。

経過はまた報告する。


この記事をシェアする