即効、ルーラ!即効、ニフラム!私にベホマ!

「???」のタイトルだけれど、久しぶりにこれはメンタルヘルスの記事。

ちょっと気分が落ちたので。自分のメモ帳をあさってみた

ちょっと、気分が落ちることがあった。

それで、自分の心をメンテナンスしたいなと思い、このブログで今までに書いた記事や、iPhoneのメモ帳を読みあさっていた。

このブログの記事では、下記の記事が改めて参考になった。

で、ここから本題。

iPhoneのメモ帳に、こんな記述を見つけた。

  • 即効、ルーラ!
  • 即効、ニフラム!
  • 私に、ベホマ!

ああ、そうだった、そうだった。これこれ。と、私は元気になった。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁
ルーラ・ニフラム・ベホマはドラクエの呪文

①嫌なことがあったら、即効ルーラ

嫌なことがあったら、まずは、その場から逃げる

物理的に離れるのが一番だけれど、それがかなわない場合は、意識だけでも遠くに飛ばす。

つい、嫌なことがあったそのシーンに固執して、何度も何度もその場に意識を戻してしまいがちだけれど、それでは嫌な気持ちを追体験して、どんどん心がネガティブになってしまう。

嫌な場所に意識が戻ってしまいそうになったら、

  • 「ルーラ!」

と唱えて、あのルーラの効果音とともに、安全な街へと避難する。

②「何言ってんだコイツ」、即効ニフラム

次に、苦手な人・嫌いな人との会話の対処法。

気分を害するような発言をされたときに、私はつい、その場で取り繕ってしまう癖があった。

相手に非があったとしても、なぜか言われた自分が悪いような気持ちに。

そしてその場で適切な反論ができないくせに、家に帰ってからフツフツと怒りが湧いてきて、ネガティブな感情がどうにも処理できなくなってしまう。

今は、「感情を持ち帰ると、後で苦労するのは自分だから、できるだけその場で消化しよう」という考え。

だから、嫌なこと言われたら、心の中では「何言ってんだコイツ」と、きちんとディスることにしている。

ただ、言葉に出して伝えても疲れるだけなので、相手をニフラムで消す。

  • 「何言ってんだコイツ、ニフラム」

と唱えると、ものすごく心が安定する(私の場合)。

③何があっても、自分にベホマ

最後に3つめ。

何があっても、自分にベホマ。これだけは、忘れちゃいけない。

自分さえ、しっかり自分の味方でいられたのなら、どんなハードルも越えていけるのだ

私は人生の途中まで、このことにまったく気付いておらず、安心感の中で幸せに生きていくためには、誰かに認められないといけないのかと思っていた。

でも、認められようとすればするほど、苦しくなる。認めてくれる人が現れても「まだまだだ」と感じてしまい、満たされない。

それで、気付いた。私が認めて欲しかったのは、私自身だったということ。

  • どんな自分でも好きでいること

これさえできていれば、大丈夫。

だから、何があっても、自分にベホマ。


この記事をシェアする