ドライヤー寿命で故障 10年使ったら突然 異臭を放って壊れた

いや〜……、びっくりした。

2008年から10年使ったお気に入りのナノケアのドライヤーが、突然、大きな音を立てて、同時に焦げくさいニオイを放ってきたのだ。

スポンサーリンク

普通にいつも通り、髪の毛を乾かそうとしたら——

私がやったことは、普通にいつも通り、ドライヤーのスイッチを入れて髪の毛を乾かそうとしていただけ。

ドライヤーの機種はこちら。

パナソニック ナノケアドライヤー 白 EH5442-W

当時、15,000円くらいで購入したはず。

ナノケアでさらっさらになるところや、ロングヘアでも手早く乾くところがお気に入りで、壊れもしなかったので気付いたら10年、使っていた。

しかし。

いつものように髪を乾かし始めて15秒後くらいに、突然、

  • ガッチャン!!ガチャガチャン!!

と、ドライヤーの中から大きな破裂音がした。

同時に漂う、焦げくさい異臭。

  • 「これ、やばいやつだ!」

と直感し、慌ててスイッチを切って、コンセントからコードを引き抜く。

びっくりしすぎて、心蔵がドキドキして、怖すぎて、足が震えた。

スイッチを切ったら異臭はすぐに収まった。ドライヤーを振るとガチャガチャ音がする

髪の毛を乾かしているとき、ドライヤー本体は目に入っていなかったので、異音・異臭とともに、爆発して火でも噴いたかと思った(髪の毛チリヂリになったかと……)。

でも、そこまでのことは起きていなくて、スイッチを切ったら、すぐに異臭は収まった。

この後、万が一爆発されたら困るから、熱を持っていないか・中で着火していないか確かめたけれど、大丈夫だった。

ドライヤーを振ると、内部でガチャガチャと大きな音がする状態で、ドライヤーの中で何か部品が外れるような故障があったようだ。

ああ、本当に怖かった。

新しいドライヤーを買わなければ。なおさらパナソニック(または信頼できるメーカー)がいい

ドライヤーでこんなに怖い思いをしたのは初めて。

そしてドライヤーが手元からなくなってしまったから、新しいドライヤーを急いで新調しなければならない。

私は、パナソニックのことは信頼している。今回、10年使ったドライヤーが故障したけれど、ドライヤーってこういう故障の仕方をするのであれば、なおさら、信頼できるメーカー以外は絶対に買いたくないと思った

次のドライヤーは何にするか問題。候補を比較検討

で、次のドライヤーは、何にするのか。

第一候補は、パナソニックの後継機種

私が使っていた「EH5442-W」の、最新の後継機は「EH-NA99-W」のようだ。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA99-W

EH5442-Wを買ったときと同じく、現在約15,000円で販売されている。これを買うと、勝手を知っているから無難。

話題性で気になるのがダイソン

もうひとつ、話題になりまくっていたダイソンのドライヤーにも興味はある。

ダイソン ヘアドライヤー Dyson Supersonic HD01 ULF IIF アイアン/フューシャ

私は物をモノトーンでそろえたいので、この↑ピンク色がちょっと……、と思っていたけれど、シルバー色もちゃんとあった。

ダイソン ヘアドライヤー Dyson Supersonic HD01 ULF WSN ホワイト/シルバー

こっちの色なら、シンプルでインテリアにも合いそう。が、44,000円。4万か〜。高い。

大絶賛記事が目立つレプロナイザー

あとは、いろんなところでよく見掛ける「リュミエリーナ レプロナイザー 」。

リュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JP

こちらも3万円以上する高級ドライヤー。絶賛している人がやけに多いと思っていたが、Amazonの口コミレビューでも褒められているので、本当にものは良いようだ。

↑の「3D」という機種よりランクが低い、「2D」の機種↓だと2万円くらいで入手できる模様。

リュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 2D Plus REP2D-G-JP

2万円で入手できるとなると、パナソニックのナノケア15,000円と近づいてくるので、検討しても良いかなという気持ちに。

ただ、Amazonからの入手だとマーケットプレイス(Amazon以外の出品者が販売)になっていた。偽物が出回っているらしいので気を付けないといけない。

正規販売店から購入すれば安心だが、今回はできるだけ早く入手したいから、Amazonで買いたい。

▼正規販売店のサイト



 

まったくノーマークだったシャープも良さそう

最後に、まったくノーマークだったシャープ。

シャープ ヘアードライヤー(ブラック系 ミッドナイトブラック)SHARP プラズマクラスター スカルプエステ IB-HX9K-B

先端についている、

↑このスカルプブラシで、頭皮をかきあげながら乾かすことができるという。

スカルプケアにも良さそうだし、髪の根元から素早く乾きそうで、「これは、いいかも!?」と思った。

ただ、Amazonで見てみると、口コミレビュー数が(評価は高いものの)少なくて、購入するのは冒険になりそう。

結局、購入したのは?

あれこれ検討した結果、結局購入したのは、またナノケア。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA99-W

ダイソンもレプロナイザーもシャープも魅力的だけれど、確信が持てない上、ナノケアよりも値段が高い。

今まで私はパナソニックのナノケアで髪をきれいにキープできていたので、下手に変えずにそのまま行くことにした。

新しいナノケアで変わっていたところ

10年ぶりに、ナノケアのドライヤーを新調して、変わった!と思ったのは下記の点。

  • 乾くのが早くなった!!!(風量がアップしている)
  • HOT⇔COOLの自動切り替えモードで髪がサラサラになる
  • その他いろいろモードが追加されている(まだ試し切れていない)

とにかくうれしかったのは、乾くのが早くなったこと。

あまりに早く乾くので、時間を計ってみたら、わずか1分で8割以上乾いてしまった(私はロングヘアなのに)。

今までは、すぐ寝るとき以外は自然乾燥することが多かった(ドライヤーを長時間当てるよりは、自然乾燥の方が傷まないと思っているので)。

が、こんなに早く乾くなら、ドライヤーでも全然いい。

それに、私の買ったEH-NA99には「周辺温度検知センサー」というのが付いていて、温風・冷風を交互に切り替えるモードがある。

周辺温度検知センサー搭載
周囲の温度を検知し、最適な間隔と風量で温風、冷風を交互に自動発生。

毛先ケアに特化した風量と切替周期で、温風と冷風を交互に発生する毛先集中ケアモードを開発。毛先を逃しにくいセット(弱風)風量で毛先に風をあてやすく、まとまりよく仕上げる。
EH-NA99

これは、とってもいい。

ある程度、温風で乾かしたら、温風冷風モードに切り替えて仕上げるようにしている。

髪を熱で傷める心配がないし、このモードで乾かすと、本当に髪がまとまる。

パナソニックのドライヤーの寿命は何年なのだろうか

最後に、「ドライヤーの寿命」について調べていたところ、下記の記述を見つけた。

パナソニックのお客様相談室によると、一般的なドライヤーの寿命は130~140時間程度とのことです。

つまり、仮に一日5分〜7分程度使った場合3年〜4年が寿命であるということになります。
品定め名人

  • 一般的なドライヤーの寿命は130~140時間程度

とのこと。

毎日5分・10年間使った場合、304時間使ったことになるので、寿命はとうに超えていたことになる。

そう考えると、ガチャガチャン!!!と壊れたことにも、納得がいく。次は、寿命が来て壊れる前のタイミングで、買い替えたい。遅くとも5年後の2023年4月までには買い替えよう。

私が買ったナノケアEH-NA99はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク