体重計はBluetoothがおすすめ 乗るだけでiPhoneに勝手にデータ送信してくれるし安い

ここ何年か、体重計を家に置かない生活をしてきた。

人間ドックに行ったとき、病院に行ったときなど、計らざるを得ないタイミングで計って、自分の体重を把握してきた。

が、そろそろ体重計を家に設置しても良いかな?と思えて、新しい体重計を購入した。

そしたら、あまりにも体重計が進化しているので心底びっくりした。

3千円で高機能なBluetooth付き体重計をゲット

いちいち体重をアプリなどに記録するのが面倒なので、Bluetooth機能付きで自動送信してくれる体重計がいいな〜、と思っていた。

そういった高機能のものは何万円もしそうだなと思っていたら、なんと約3000円という安い価格で売っているのを発見。

RENPHO 体重・体組成計 USB充電 体重計 スマホ連動 体脂肪計 体重/体脂肪率/皮下脂肪/内臓脂肪/筋肉量/骨量/体水分率/基礎代謝量/BMIなど測定可能 Bluetooth 体組成計 iOS/Androidアプリで健康管理 ヘルスケア同期 スマートスケール (日本語対応APP&取扱説明書)
シンプルな白いデザインがいい(RENPHO 体重・体組成計 USB充電

レビューの評価も良いし、この金額なら失敗してもいいか、と思って、そのまま購入。

体重計に乗る→勝手にiPhoneに瞬時に登録される

体重計が届いてみると、本当に「体重計に乗るだけ」でOKでびっくり。

小さくて薄くてシンプルなデザインが◎

まず、届いて実物を確認すると、Amazonの画像で見ていた印象通りの小さくて薄くてシンプルなデザイン。

Bluetooth体重計の実物

Bluetooth体重計の実物

USB充電式なので、とりあえず充電する。

「本当に乗るだけ」だった

充電した後、iPhoneと体重計を接続したり、設定したり、諸々の準備が必要かと思いきや、本当に乗るだけだった。

RENPHOという専用のアプリをiPhoneにダウンロードして(AndroidでもOK)、そのアプリを開いた状態で体重計に乗ったら、同時にアプリにデータが送信されてきた。

iPhoneに付属の「ヘルスケア」で管理

RENPHOというアプリの使い勝手も良さそう。

私はRENPHOとiPhoneの純正アプリ「ヘルスケア」を連携する設定にして、ヘルスケアで管理している。

Amazonレビューで「1日に1回しか記録ができないのが残念、せめて午前と午後の記録ができるようにして欲しい」という趣旨のコメントを見掛けたが、ヘルスケアとRENPHOのアプリを連携させてヘルスケアの方を見ると、1日何回体重計に乗ってもすべて記録されている。

体重・体水分・体脂肪率・体内年齢etc.いろいろ計れておもしろい

この体重計で測定できる項目は以下の通り。

  • 体重
  • 体水分
  • 体脂肪率
  • 推定骨量
  • タンパク質
  • 体内年齢
  • 基礎代謝量
  • BMI
  • 皮下脂肪
  • 筋肉量
  • 骨格筋

これらが、体重計に乗るだけで瞬時にiPhoneに記録されていくのだから、おもしろい。

ちょうど先月からジョギングをほぼ毎日続けているし、体の変化を細かく見ていこうと思う。

私が買った体重計はこちら

追記:1年以上、問題なく稼働中

ここから追記。2018年5月に体重計を購入してから1年以上が経った。

何の問題もなく、元気に稼働している。

ただ体重計に乗っているだけなのに、iPhoneのアプリで見ると1年以上分のグラフができあがっているのが楽しい。

USB充電式だが、1回充電すると2〜3ヶ月は持つので、今までに数回しか充電した記憶がない(公式には「1回充電すれば約3.5ヶ月も使えます」と記載あり)。

こういった体重計は体脂肪率が割とブレやすいが、健康診断で測った数字とほぼ同じだったのも高評価だった(2019/7/10追記)。


この記事をシェアする