冷凍するとダイエットおやつに変身する食べ物(すいか、りんご、チーズ、ヨーグルトetc.)

今年の夏は、「罪悪感の少ない食べ物を冷凍して、おやつに食べる」という方法にハマっている。

スポンサーリンク

冷凍して食べると甘みが増しておいしい

一般的には、

  • 甘みは熱い方が強く感じる

と言われる。料理ではその理論を踏まえて味付けをする。

しかし、なぜかフルーツやヨーグルトは、冷凍して食べると甘みが増しておいしい。

完全に冷凍せず2〜4時間の半冷凍がたまらぬおいしさ(特にすいか)

特に私がおいしいと感じるのは、2〜4時間程度、冷凍庫に入れた「半冷凍」のときだ。

中心部はまだ凍っておらず、外側はシャリシャリッと程よく凍っている。

スーパーで売っているカットされたすいか(透明容器に入っている)を、そのまま冷凍庫に入れて、2〜4時間後に食べると、

  • 「ん……!!」

と悶絶するほど好きな味に変身する。

カットフルーツは、そのまま食べると、それほどおいしくないことも多い。甘みが抜けていたり。

それが、半冷凍させてから食べると、甘みが妙に増して、おいしくなるのだ。特にすいかは、それが顕著に感じられる。

完全に冷凍しても固くならずにおいしく食べられるのがりんご

すいか以外にも、今までにいろいろなフルーツを冷凍してみた。

オレンジ、グレープフルーツ、キウイ、etc.

ただ、どれも完全に冷凍してしまうと、ガチガチに固くなって逆に食べづらくなる。少し室温に置いて解凍させたり、10秒〜20秒、電子レンジでチンして、柔らかくする必要がある。

一方、冷凍庫に入れっぱなしにしていても、ガチガチに固くなりすぎずに食べやすいフルーツが、「りんご」だった。

りんごの季節のうちに、有機栽培の皮ごと食べられるりんごを楽天で箱買いして、ひとつずつポリ袋に包んで冷凍庫に入れている。

もともとは、グリーンスムージーを作るために始めた冷凍りんご。

冷凍りんごは、そのまま食べてもすごくおいしい。しかも、生で食べておいしくないりんごも、冷凍させるとおいしくなる不思議

シーズンが終わった後の味の抜けたりんごでも、冷凍させたらおいしく変身した。

食べるときはカットしても良いし(凍ったままでもカットできる)、歯に自信があれば丸かじりもできる。私は、1個を4分の1にカットして、ちびちびかじることが多い。

どうしてもアイスが食べたいときは、ヨーグルトを冷凍すると◎

ハーゲンダッツが好きだ。しかし、食べるとニキビができるので食べない。

関連記事

どうしてもハーゲンダッツが食べたいときは、「ヨーグルト」を冷凍して食べることにしている。これはこれで、とてもおいしい。

1個100g〜150g程度のミニカップヨーグルトを、そのまま冷凍庫に入れる。

入れておく時間は1時間〜2時間。完全に凍らず、外側が若干シャリシャリになりかけたくらいが好き。または、完全に冷凍しておいてから、冷蔵庫に移して6時間程度、解凍した状態もおいしい。

特に気に入っているのは、ヤスダのプレーンヨーグルト(150g)

エネルギー98kcal、たんぱく質5.0g、脂質5.6g、炭水化物6.9g、食塩相当量0.22g(ナトリウム87mg)、カルシウム159mg
プレーンヨーグルト|有限会社ヤスダヨーグルト

98kcal・糖質6.9gと、糖質制限的にも許容範囲に収まりつつ、とってもクリーミーで美味。

ただ、このヨーグルトは、なかなか売っているのを見掛けない。ヤスダヨーグルトが見つからないときは、他のヨーグルトを買っている。それでも十分に美味。

糖質を抑えて濃厚な感じが欲しいときは、ギリシャヨーグルトのパルテノやオイコス。

森永 濃密ギリシャヨーグルト PARTHENO(パルテノ)プレーン100g 12個

甘みが欲しいときは、アロエヨーグルトやフルーツ入りヨーグルトで、デザート感覚に。

森永 アロエヨーグルト118g 12個

チーズも、冷凍するとまた違ったおいしさに

もうひとつ、「クリームチーズ」も、冷凍して食べると、また違ったおいしさになる。

kiriなどの1個ずつ個包装になっているタイプを、そのまま冷凍するだけ。

[冷蔵] キリクリームチーズ10P

クリームチーズの場合は、半冷凍ではなく、完全に冷凍させる。

冷凍庫から出した瞬間は、ガチガチに固いが、1分もするとかじれる固さになる。固めでかじると、固いホワイトチョコレートを食べているような食感に。

5分以上室温で放置してからかじると、シャリシャリ・サクサクっとした、不思議な食感になる。

どちらにせよ、味はしっかりクリームチーズ。クリームチーズが好きで、ついついペロッと食べてしまう人でも、冷凍すると、少量ずつ食べやすい。

また、クリームチーズ以外のチーズも、冷凍を試してみた。どのチーズも、歯ごたえが変わって面白い。薄くスライスしたチップスタイプのパルミジャーノレッジャーノは、特に良かった。

「チーズ本来の香りとうま味を愉しむ」という意味では、冷凍などせずに食べた方が良いのだろう。でも、それとは「別物」として考えれば、冷凍チーズはとてもおいしいダイエットおやつだ。

冷凍して食べると、歯ごたえがアップしてゆっくり食べられる

冷凍して食べる利点は、おいしくなる以外に、歯ごたえがアップすること。

そのままだと、柔らかくてペロッと一瞬で食べてしまうヨーグルトやフルーツに、歯ごたえがプラスされる。かまないと食べられないので、おのずと食べるスピードはゆっくりになる

さらに、冷凍されていて非常に冷たいので、チビチビとしか食べられない。だから、食べすぎ防止にうってつけだ。

余談:冷凍梅干しは、冷凍しない方が好きだった

ちなみに、数年前からよく見掛けるようになった「冷凍梅干し」。

梅干し自体はとても好きなので、常備している。

関連記事

スーパーで冷凍用の梅干し「アイス梅」というのも、目に付いた。が、原材料を見たら糖分と人工甘味料が多かったので、普段食べている梅干しを冷凍してみた。

梅干しは、不思議なことに、確かに冷凍しても固くならない。冷たくなっただけだった。梅干しは、冷凍せずにそのまま食べた方が好きだった。

追記:その後、「アイス梅」という甘い梅干しを買って試してみた。こちらは凍らせたらシャリシャリになった。

私が普段食べている梅干しは、白干しで塩分濃度が高いもの(塩だけで漬けたいわゆる“昔ながらの梅干し”)。そういうタイプはシャリシャリにならないようだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク