【ホットヨガ効果3ヶ月体験談】強度が強いクラスへの参加で一気にダイエット効果が高まる&筋肉がしっかり付いてきた

ホットヨガにハマって、はや3ヶ月が過ぎた。

1ヶ月目は強度が弱いクラスばかり選んで参加していた。2ヶ月目から、おそるおそる強度が強いクラスにも参加開始。

そして3ヶ月目から、強度が強いクラスのみ選ぶようにしたら、一気にダイエット効果が高まったようだ。

筋トレとしても機能し始めて、しっかり筋肉が付いてきた。腹筋はスジが出ているし、ウェストのくびれ度が上がったし、腕も背中もギューッと締まった。

自分では、過去最高にいい感じかも。

前回までのホットヨガ記事はこちら

まず、前回までのホットヨガ関連記事はこちら。

この記事は、3記事目。

最初は強度が低いクラスを中心に選んでいた

ホットヨガのクラスは、それぞれ強度が★や♥︎で表示されている。

カルドなら★・★★・★★★の3段階。LAVAなら♥︎1〜♥︎5の5段階。

ホットヨガに通い出した最初の頃は、どんなものか、勝手がわからない。強度が強いクラスは何だか怖いなと思っていた。それで、とにかく強度が一番低いクラスだけ選んで行っていた。

ただ、強度が低いクラスでは、運動度的に「ストレッチ」の域を出ない。リラックスはできるが、ダイエットや筋トレ効果は期待できない。物足りない。

2ヶ月目からは中級以上のクラスにチャレンジ開始

ホットヨガに慣れてきた2ヶ月目からは、恐る恐る、中級以上のクラスにも参加し始めた。

クラスの名前でいうと、「パワーヨガ」「フローヨガ」などの中級・上級を選んで行くようになった。

参加する前は、

  • 「上級者ばかりで付いていけなかったらどうしよう」
  • 「難しい知らないポーズばかりだったらどうしよう」

……と、内心、不安があった。

しかし、実際に行ってみると杞憂だった。逆立ちするような極端に難しいポーズはない。

強度が低いクラスとの違いは、下記の通りだった。

  • 立って行うポーズが多い
  • ポーズからポーズへ連続して行うことが多い
  • 筋肉に負荷をかけた状態でのキープ時間が長め

強度が低いクラスの場合、座っている状態・寝ている状態のポーズが多かった。また、筋肉に負荷をかけることは少なく、それよりストレッチ的な「のばす」動きが多い。

一方、強度が高くなると、立っている状態のポーズが多くなる。

キープ時間が長めになり、耐えられないようなつらさは感じずに、筋肉へ負荷をかけることができる。ちょうど昔ハマっていた「スロトレ」みたいだなと思った。

スロトレ完全版 DVDレッスンつき

できないポーズはお休みしてOK

付いていけない難しいポーズは、1回のレッスンで1個あるかどうか(時々、ものすっっごく、つらいポーズをやるクラスもあって、それはそれでやりがいがある)。

どのインストラクターも「自分のペースで」「つらくなったら無理せずお休みしてください」とアナウンスしてくれるし、その通り、参加者は自分のペースで取り組んでいる。

無理して付いていく必要はないし、付いていけないから目立つとか恥ずかしいとかいうのも、全然ない。

上級クラスに通えばスタイルが良くなる期待大

参加者の雰囲気は、「中級」クラスだと初級クラスとさほど変わらない。一方、「上級」クラスになると、体がビシッと締まっている人が多い。

  • なんでそんなにウエスト細いの?
  • 脚、細すぎではないか?

という、すてきなスタイルの人がいる(初級クラスはそうではなかった)。

上級クラスのヨガを続けている人は、こういう体形になれるのね」というモデルケースとして、モチベーションが上がる。

強度を上げるとホットヨガの汗のかき方がまったく違う

強度を上げたクラスに参加してみて驚いたのは、汗のかき方がまったく違うということ。

私は代謝が良い方なのか、初級クラスでも汗はよくかいていた。それが、中級・上級クラスに参加してみたら、斜めの姿勢で、背中から床へ、ザザーッと汗が流れ落ちるほどの発汗。

終わった後の「(良い意味で)軽い疲労感、重だるい感じ」も、大きくなる。エネルギー消費量は格段に上がっているイメージ。

これなら、できるだけ早く、強度の強いクラスに参加していった方が、ダイエット効果としてはお得だ。

最初、初級クラスにしか参加していなかったときは、

  • 「ホットヨガだけで、しっかり筋肉付けて痩せるのは、少し難しいかもなぁ」

と思っていたが、いやいや。間違っていた。

中級・上級のクラスを狙っていけば、パーソナルジムでハアハアつらい筋トレに励んだ頃と同じくらい(それ以上かも)、ちゃんと筋肉がつき、体が締まっている。驚いた。

ホットヨガ終了直後にプロテイン投入(シェイカー不要のアミノプロテイン)

中級・上級クラスに参加すると、ヨガに楽しく取り組みながら、筋トレとしても十分機能させられることがわかった。

このチャンスを逃したくないと思い、終わった直後にプロテインを飲むことに。

アミノバイタル アミノプロテイン レモン味 30本入パウチ

いま愛用しているのは、シェイカー不要ですぐに飲めるアミノプロテイン。小さなスティックだけ持参すれば良いので、まったく荷物にならない。

ホットヨガに持っていく小さなバッグに、常時3〜4個のストックを入れている。

やっぱりプロテインがあると、効率的に筋肉が付いていくのを感じる。タンパク質が補給されるおかげで、運動しても無駄な食欲が出にくいところもいい。

ついでに肌もきれいになる。

ホットヨガは「3ヶ月で別人」となるか?

ホットヨガを始めようと思って、各スタジオを比較検討していたとき、LAVAが広告で、

  • ホットヨガなら3ヶ月で別人。

と訴求していたのが、心に残っていた。

この広告をよく見掛けた(LAVA

「3ヶ月で別人」なんて大げさな!と思っていたが、実際3ヶ月経ってみると、全然大げさではなかった。3ヶ月目の私の体は、姿勢や筋肉の使い方に、明らかな変化が実感できている。

例えば、3ヶ月目に入った頃にノースリーブを着て写真に写ったのを見たら、腕が締まって筋肉がきれいに出ていた。自分でも驚いた。

その後、海に行く機会があって、水着の写真を見たら、腹筋の縦筋が出ていた。横筋もうっすら見えている。3ヶ月みっちりジムで鍛えたときも、こんなに腹筋でなかったのに。

それから、自分では見えないが、水着でいるとき「背中が締まっていてキレイ」と褒められた。背中を褒められたのは、生まれて初めてかも。

ヨガの底力を見た気分だった。

心の余裕がでてきたのはヨガならでは

もうひとつ、うれしいのは、「心の余裕」が出てきていること。

ジムでマシンを使った筋トレに励んでいるときは、妙にイライラしてしまい、攻撃的な性格に変化したことがあった。

一方、今回、ヨガをやってみたら、不安症・心配性な部分が影を潜めて、心の肝が、

  • でんっ

としていられる時間が、長くなった。

小さなことに動揺しない、イライラしない。俯瞰して眺め、いつもヨガでやっている呼吸をして、スーッと中心に戻ってこられる。

最近は、嫌なことがあると、「ヨガに行きたい!!」となる。ヨガで1時間汗を流すと、心が落ち着いて、嫌なことが気にならなくなるから。

さらに、「ダイエットにも健康にも精神にも良いことを積み重ねている」という自分への安心感が、さらに心の落ち着きにつながっていくという好循環。

ホットヨガを始めて、本当に良かった。

私が通っているスタジオ(カルド)はこちら

店舗数が最多のLAVAはこちら


この記事をシェアする