【ほくろ除去の体験談⑥】4ヶ月後〜5ヶ月後の経過記録(傷跡の修復はたいして進まず)

前回、ほくろ除去3ヶ月後の体験談を書いてから、ちょうど2ヶ月がたった。

実のところ、この2ヶ月では、たいした変化はなかったものの、記録として残しておく。

スポンサーリンク

前回までの記事はこちら

前回までの記事はこちら。

で、この記事は6記事目。

赤みはあまり消えなくなってしまった

前回の記事で、赤みについて、

  • 2ヶ月後→3ヶ月後で、95から70くらいまで一気に消えたのだ。

と書いていた。

一方、3ヶ月後→5ヶ月後の現在は、70から65になったかな?くらい。

つまり、たいして変化が感じられていない。

5ヶ月後の状態は「大きな目立つニキビ跡」のような感じ

5ヶ月たった現在は、赤みはまだ残っている。赤茶色という感じ。

  • 大きな目立つニキビ跡?

という感じが近い。イメージとしては、下記のような感じ。

イメージ写真

人と会うときには、コンシーラーで消している。そのままだと、ちょっと目立ちすぎて嫌な程度に、残っている。

触るとでこぼこ感がある

大きな目立つニキビ跡に見えるものの、指で触ると、でこぼこ感がある。傷の中心が、しこりになって残っている感じ。

赤みは消えても、このでこぼこ感は何年もかかるか、あるいはずっと消えないかもしれない、と思う。

小学生の頃の足の傷が、いまだに残っていることを考えると、そんな気がする。

4、5ヶ月もたつと、徐々にほくろ除去への興味が失われてくる(いい意味で)

ほくろ除去をしたばかりの頃は、毎日毎日、ほくろの様子を観察しては、

  • これは失敗なのでは!?
  • きちんと消えるのだろうか…
  • あっ、治ってきた気がする! etc.

まさに、一喜一憂していた。

しかし、4〜5ヶ月もたつと、いい意味でほくろへの興味が失われてきた。もう、自分の手から離れてるというか。

前回、手術したクリニックで診察してもらった後からは、

  • もう、赤みが消えなかったらレーザーで飛ばせばいいや

と、開き直っている。1年経過したら、おそらくレーザー照射すると思う。

「もっときれいに治った可能性もあるだろうな」と残念に思う部分もある。が、ほくろがあったときよりは目立たなくなっていることは確か。

完璧を望みすぎると自分が苦しくなるので、程よく諦めつつ、1年経過した時点で次のアクションを決めたいと思う。

続きの記事はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク