夏場の風呂上がりはドライヤーが暑い…髪の毛を早く乾かす「髪のタオルドライ専用のタオル」が大活躍

夏は、お風呂から上がった後に、ドライヤーの温風で髪の毛を乾かすのが苦痛。その上、湿気が多いから、乾くまでに時間がかかる。

そうこうしているうちに、汗だくになってしまうことも。

少しでも髪が乾く時間を短くする方法はないかと探し、試しに購入してみた「髪のためのタオル」が、とても良かった。

購入したのはハホニコのヘアドライマイクロファイバータオル

いつも、シャンプーして髪の毛を洗い流したら、すぐにその場で水気をふき取り、使ったタオルをそのまま頭に巻いている。ここでしっかりタオルドライできればできるほど、ドライヤー時間の時短になる。

それで、評判の良いヘアドライ用のタオルを探した。見つけたのがこちら。

ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク

ハホニコの「美容師さんが考えた髪のためのタオル」というもの。

ハホニコといえば、「十六油」というヘアオイルがとても有名。私も昔、使ったことがある。

ハホニコプロジュウロクユ 120ml

あのハホニコからタオルが出ているんだ、と軽く驚きつつ、購入してみた。

確かに!すぐに髪が乾く

このタオル、買って良かった。確かに、すぐに髪の毛が乾くのだ。

髪の毛を拭くためのタオルって、(タオルとしての)質が良ければ良いというものでもない。ふわふわのタオルほど、うまく吸着できなくて、実は薄っぺらのタオルの方がよく吸収してくれたり。

だから、「どんなタオルがベストなんだろう」とうっすら思いつつ、本気で追求したことはなかった。

それが、

  • 「ああ、ベストなタオルで拭くと、こんなに快適なのか!」

と、気付かせてくれた感じ。

このタオルは、「マイクロファイバー」でできている。

感触としては「フリース」が近い感じ

吸収スピードは綿の5倍」だそう。

ピピッと頭に巻いておくと、その間に勝手に水分をグングン吸い上げておいてくれる。確かに、体感的に普通のタオルの5倍くらい力がありそう。

シャンプー後、頭にタオルを巻いた状態で体を洗ったり湯船に浸かったりして、お風呂から上がる。そしてタオルを外してみると、〈1時間、自然乾燥させたときくらいの感じ〉まで、すでに乾いている。

あとは、バババッとドライヤーをかければ数分以内に8割方乾くので、それで終了。早い!

ジムやホットヨガなどのスタジオに持参するのにもいい

ジムやホットヨガなどで汗を流した後、シャワーを浴びる。

更衣室に備え付けのドライヤーは、自宅で使っているドライヤーよりも、パワーがない

だから、髪が乾くのが遅くて、いやだった。特に、次の予定が入っているときは焦る。

それが、ハホニコのタオルを持参して、シャワーを浴びた後にこれでタオルドライするようになって、劇的に変わった。

更衣室の弱小ドライヤーでも、手早く乾かすことができる。すごい。

使い方のコツは、ギューーーーーーっとはさみ込むこと

使い方のコツは、とにかく、

  • ギューーーーーーーーッ

と髪の毛を挟み込むことだと思う。

タオルとタオルの間に髪の毛を挟んで、それを両手のひらではさみ込んでギューッと圧縮する

私は髪の毛が長いので、毛先のほうは軽くぞうきんを絞るようにして、手で握りしめてギューッとやる。

頭皮の方は、5本指を開いて、タオルごしに頭皮を指先でワシワシして、水分を吸収させる。

その後、タオルを頭に巻く。できるだけキツく、ギュウギュウとタオルとタオルの間に髪の毛を挟むつもりで巻く。

マイクロファイバーのタオルは髪の毛を傷めないそうなので、ギュウギュウ拭きながらも安心感があるのも◎)

タオルを巻いた上からヘアバンドを装着して抑えつけておくと、さらに吸収が早い。

タオルを外すときには、タオルの上から手のひらでギューッと頭全体を押さえつけて、髪の水分をできるだけタオルに移動させてから外す。すると、髪の毛があっという間に乾いてくれる。

私が買ったハホニコのタオルはこちら


この記事をシェアする