「糖質制限で体臭(ケトン臭)が気になったことはありますか?」ケトン臭の予防・対策

今月の質問回答ラスト。

体臭(ケトン臭)が気になったことはありますか?

私自身糖質制限をしているのですが、0gに近付ければ近付けるほどなんとなく体臭が悪化しているような気がします。

もし、制限を緩める以外に予防や対策として実践されていることがあれば教えていただきたいです。

スポンサーリンク

糖質制限を年単位で継続すると体臭は気にならなくなる

あくまでも、私の個人的体験という前提だけれど、糖質制限は、続けていると体臭は気にならなくなると思う。一番気になるのは、“糖質制限を始めたとき”かと。

この質問をいただいて、そういえば、初めて糖質制限的な食生活をしたとき、自分のにおいが気になったことを思い出した。

その頃は、まだ糖質制限がまだメジャーではなかった。なので糖質制限食として行ったのではない。

アトキンス式ダイエット」という、最初の2週間を糖質20g以下に抑えて、ケトーシスを起こす食事法を行った(内容としては、糖質制限とほぼ同じ)。

アトキンスダイエット(Wikipedia)

私が生まれて初めて、糖質制限的な食事方法に変えたのが、このアトキンス式ダイエットへのチャレンジだった。

このときは、すぐに自分の体臭が変わったのがわかった。酸っぱいニオイがしていて、これが噂のケトン臭かと思った。

糖質制限主体になると、糖質0にしても増やしても体臭は変わらず

初めてアトキンス式ダイエットにチャレンジしたのは、もう10年以上前だと思う。そのとき気になったケトン臭は、アトキンス式ダイエットの終了とともに消えた。

それから、いろいろな食事方法を経験しつつ、この5〜6年は完全に糖質制限が主体になっている。

普段はややゆるめの糖質制限をしていて、誰かと食事するときや旅行のときは解禁している。で、1〜2ヶ月に1度は、ほぼ糖質0の数日〜1週間を過ごす。

この生活では、体臭が変わることを実感したことはない(周囲の人に確認してみても体臭なし)。

糖質制限に体が慣れ切っているせいか、糖質0にしても、体臭は変わらず。

過去と違うのはサプリメントを飲んでいることかも?

振り返ってみると、過去にアトキンス式ダイエットでケトン臭がした他に、痩せすぎたとき、口臭がひどくなったことを思い出した(俗に言う飢餓臭)。

今は、体重を落としても、体臭も口臭も変わらない。過去と何が違うのか?と考えてみたら、今はサプリメントで一定量の栄養素を確保しているからかもしれない。

糖質制限食に偏ることによって、何らかの栄養素が不足すると、体臭・口臭がひどくなる可能性がある。

現在の私は、糖質0に近づけて炭水化物・野菜類の摂取量が減ったとしても、ビタミン・ミネラル類は一定量確保している。

それが、功を奏しているのかもしれない。

私はいろいろサプリを飲んでいるが、まずは満遍なく栄養素を取れるマルチビタミンミネラルを試すのが良いかもしれない。

あとは、ビタミンC。ビタミンCを飲み忘れると、ケトン臭というわけではないが、汗臭が気になることがある。

活性酸素の除去などの効果が、ニオイにも効いているのかな?と考えている。

参考記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク