粗目の「ハンドコーム」便利すぎて毎日こればっかり使っている(髪が絡まない400円のくし)

絡まない粗目のハンドコーム

一時、個人的ヘアブラシ・ブームがやってきて、高級ヘアブラシに手を出しそうになったのに。

いま愛用しているのは、400円で購入した粗目のハンドコーム。

これが便利で、入手してから毎日こればっかり使っている。

粗目のハンドコームが非常に使いやすかった

「ヘアブラシ・ブーム」がやってきた頃の記事はこちら。

このときは、メイソンピアソンとかアヴェダとか、ゆくゆくは有名なブランドヘアブラシを買おうと思っていた。

それから一年たった今、毎日愛用しているのは、粗目のハンドコームだ。

リヨンプランニング RシリーズコームS (1本)
このサイズも形も絶妙!(リヨンプランニング RシリーズコームS (1本)

実物はこちら。

絡まないくし

サイズ感的には、こんな↓感じ。iPhoneと同じくらいの小ぶりなサイズ感。

絡まないくし サイズ比較

購入したときに付いていたパッケージの裏面には、下記のように書いてあった。

絡まないくし 裏面表記

濡れた髪や荒どきに/絡まった髪のときほぐしに最適

  • くし先が丸い
    疲れた頭皮を心地良く開放。手ぐしのような気持ちよさ。
  • 根元が丸い
    パーマ等のカールやウェーブを押さえつけず、崩しません。
  • くし歯の形が円錐&幅広
    コーミング時、髪にかかる負担を軽減。摩擦抵抗が少なく髪通りスムーズ。

……と書いてある通り、尖ったところがどこにもなくて、至るところに丸みがある形状が、とても良いのだ。

シャンプー後の濡れた髪が絡まない

髪を洗った後、ドライヤーで乾かす前に、ザザッと髪全体をとかす。

このとき、今まではヘアブラシを使っていたけれど、絡んだときがやっかい。

ほどくのが面倒なのは我慢できるとしても、絡んだ摩擦で髪が傷むのは我慢できない

そこで、美容院でシャンプーした後に美容師さんが使っているみたいな、粗目のくしが欲しいなと思って探したのが、最初のきっかけだった。

その用途に対して、購入したコームは完璧に答えてくれた。

私の髪は細くて長くて、とても絡みやすい。

その髪が、

  • ススーーーーッ、スーッ、ススーッ

とまっすぐお行儀よく整ってゆく。快適。

手ぐしのまとめ髪がキレイにできる

もうひとつ、予定外に大活躍してくれているのが、まとめ髪を作るとき。

雑誌なんか見ていると、

  • 手ぐしでラフに仕上げるアップ
  • こなれ感たっぷりの手ぐしでアレンジ
  • ざっくり手ぐしで大人のまとめ髪

などなど、手ぐし手ぐし手ぐし言うので、手ぐしでまとめ髪を作ろうとしては失敗していた。

それが、この粗目のハンドコームを使うと、「手ぐし風」のまとめ髪が簡単にできる!という大発見。

このハンドコームを使ってまとめ髪を作ると、何も考えなくても、キッチリしすぎず乱れすぎず、ほど良いまとめ髪が一発でできる。

コームに髪が絡まないのでお手入れ不要

さらに、ついこのハンドコームばかり使ってしまう理由が、「お手入れ不要」の楽ちんさ。

ヘアブラシを使っていると、ブラシ自体に長い髪が絡みついて、ブラシのお手入れに手間がかかる。

しかし、この粗目のハンドコームだと、髪の毛が引っかかりようがないので、お手入れ要らず。

実はこの記事で紹介しているコームは2本目

実は、この記事で紹介している黒いコームは2本目。

最初に買ったのは、出先で見つけた貝印のショッキングピンク色のもの。

貝印 サロンモード ハンドコーム S 荒目 HC0326

これが大変気に入ったので、2本目が欲しいと思い、落ち着いたカラーを探してたどり着いたのが、冒頭で紹介していた黒い方のコーム。

この2つは、形状がそっくり。使用感は酷似している。

リヨンプランニング(黒) 50 mm×5 mm×170 mm
Made in Japanリヨンプランニングのハンドコーム
貝印(ピンク) 50mm×9mm×190mm
Made in Japan貝印のハンドコーム

自宅用と携帯用で2本とも愛用している。


この記事をシェアする