無印良品「スチロール折りたたみ3面鏡」を10年以上使ってリピート。これないとメイクできない

メイクするときに使う鏡は、コレじゃないとやだ。——と思うのが、無印良品の三面鏡「スチロール折りたたみ3面鏡」。

もう10年以上使ったと思われる初代の調子が悪くなって、他の鏡に買い替えようかと思ったけれど、探してもこれ以上の鏡はなかった。

無印良品「スチロール折りたたみ3面鏡」

お気に入りの無印良品「スチロール折りたたみ3面鏡」とは、こちら。

横から見ると、こんな感じ。

鏡の角度を変えられるのがとにかくいい

私は備え付けのドレッサーではなく、普段使っているテーブルの上に、メイクボックスと鏡を置いて、メイクしている。

テレビなど見ながら、のんびりメイクしたいというのもあるけれど、

  • 鏡の角度を変えながらメイクしたい

というのも大きい。

ただ、卓上ミラーって、スタンド式のものだと、角度が変えられないものが多い。

その点、無印良品のスチロール折りたたみ3面鏡は、角度を自由に変えられるのだ。

角度は変えられてもテーブルに平置きできないのは困る

角度を自由に変えられるミラーというと、下記のようなタイプも思い浮かぶ。

Gotofine スタンドミラー 卓上鏡 両面鏡 10倍と等倍 透明 アクリル樹脂 おしゃれ 円型

ただ、これだと、テーブルに平置きできない。

私は、マスカラを塗るときに、鏡をテーブルに平置きして、上からのぞき込むようにして塗る。

そうすると、まつげの下から上まで、ダマにならずに“びょーーーーん”と長いまつげができあがるから。

そういう使い方をするために、鏡は板状なってくれないと、困る。

その点も、無印良品「スチロール折りたたみ3面鏡」は完璧なのだ。

横から・上から、メイクの仕上がりをチェックできる三面鏡

そしてもちろん、

  • 三面鏡

というメリットは大きい。

ミニサイズの三面鏡なので、手で持って角度を調節しながらにはなるが、横から・上から、と角度を変えて、メイクの仕上がりをチェックできる

正面からしか鏡を見ていないと、思わぬところが不自然になっていることもあるから、このチェックは欠かせない。

鏡の「ふた」になるのもいい

卓上ミラーを持ち歩きして使うとなると、どうしても鏡に指が触れがちになる。

指の皮脂が付着して、汚れた鏡でメイクするのは、気分が悪い。やっぱりピカピカの鏡でメイクしたい。

その点、無印良品「スチロール折りたたみ3面鏡」の場合、三面鏡の両サイドがパタンと閉まって、ふた代わりになる。

だから、頻繁にお手入れしなくても、鏡が汚れない。

今回、新しく鏡を買い替えるにあたって、無印良品以外の鏡も見てみた。

ただ、無印良品「スチロール折りたたみ3面鏡」の諸々の好条件を加味すると、越えるものがなく、リピート購入と相成った。


この記事をシェアする