レーシック手術後の視力低下〈2年後〉 右1.5 左1.5→右1.2 左1.5へ

レーシックの手術を受けてから約2年。視力の推移を記録しておこうと思う。

レーシック2年後の測定 ほぼ低下なし

先に、現状の結論から書くと、ほぼ低下なし。

私はレーシック直後の視力が、右1.5・左1.5だった。2年後である先日の人間ドックでは右1.2・左1.5

右が少し下がっているものの、今までも測るタイミングでこれくらいの誤差は出ていた。ほぼ低下なし、と見ていいと思う。

自分の見え方的にも、スッキリと隅々まで見える気持ちよさは変わっていない。雨上がりの夕方なんか、あまりに遠くまで見えるので、感動すらする。

ハロ・グレアなどレーシック後遺症もなし

運がいいことに、「ハロ」「グレア」などの後遺症も、まったく感じない。

  • 「ハードコンタクトレンズで得ていた視力を、コンタクトレンズなしで得られるようになった」

という感覚で、手術前との見え方の違いや不便さは、今まで感じたことがない。

ちなみに、元の視力は0.2前後だった。

周囲にはたくさんいる、レーシックで視力が低下した人たち

周囲にいるレーシックから5年以上経過している人は、皆、視力が低下したと言っている。

なかには、手術直後2.0から現在0.5まで下がった人もいる。

「元の視力が0.01〜の世界だったから、それでも十分マシ」と言いながらも、やっぱり下がっていくのは、残念そう。

また、視力検査の数値とは別に、「夜の見えづらさ」「ドライアイ」が加速している人もいる。

私は、今のところ問題なしでうれしいが、そうはいってもまだ2年の身。今後の経過は、このブログでも記録していこうと思う。

年月の経過とともに、体の自然な老化も相まって、視力や視界に変化が訪れるのだろうか。

あと10年・20年の間に、レーシック経験者にも適用可能な、画期的な視力回復術が開発されたら安心なのに。


この記事をシェアする