冬特有の無気力・やる気が出ないときの対策方法

今月の質問回答その3。

ここのところ、ずっとやる気がおきなくて、無気力状態が続いています。そういうときに効くサプリや心構えの工夫について質問させてください。

「冬特有の無気力」があるらしい

先日読んだ本に、

  • 冬特有の無気力

について、書いてあった。

もし、冬の訪れとともに、やる気の低下が起きたのなら、季節要因を疑っても良いかもしれない。

甲状腺機能に問題があると寒さや気温の影響で無気力状態になる

冬特有の無気力についての記述があったのは、こちらの本。

「やる気が出ない」が一瞬で消える方法 (幻冬舎新書)
他の記事で取り上げた大嶋信頼さんの2018年9月発刊の本(「やる気が出ない」が一瞬で消える方法

この中に、

  • 寒さの影響で甲状腺ホルモンがうまく分泌されなくなるため、気力がなくなったり、体がだるくなったり、動けなくなったりします

という記述がある。以下引用する。

甲状腺機能と「無気力」学習性無力症やうつ病の主な症状である「無気力」は、寒さや季節、気温との関係から説明することもできます。「無気力」になる原因はさまざまあり、単純ではない、ということを押さえてほしいと思います。

とくに甲状腺機能に問題がある人では、寒さや気温の影響によって無気力状態を生みやすくなります。甲状腺が分泌しているホルモン(いわゆる甲状腺ホルモン。サイロキシン[T4]とトリヨードサイロニン[T3])は、筋肉に結びつくことでエネルギー、力になり、新陳代謝を盛んにします。また、このホルモンが脳に行くと脳が活発に働くようになります。

甲状腺機能が低下している人では、寒さの影響で甲状腺ホルモンがうまく分泌されなくなるため、気力がなくなったり、体がだるくなったり、動けなくなったりします。動けなくなればなるほど、甲状腺ホルモンもますます分泌されなくなります。それにより、甲状腺機能が低下している人は寒がりで、むくみやすく、太りやすくなる傾向にあります。
「やる気が出ない」が一瞬で消える方法

有酸素運動で甲状腺機能は向上する

前述の本の中では、甲状腺機能の低下によって無気力になっている場合、有酸素運動で甲状腺機能を向上させることが推奨されている。以下引用。

甲状腺の機能を向上させるために効果的なのは、有酸素運動です。ウオーキングよりはジョギングがより効果的です。甲状腺機能が低下している人は、運動すればするほど筋肉が付きやすいという特徴があります。なぜかというと、甲状腺ホルモンは、筋肉と結びつくことでエネルギーになりますが、甲状腺機能が低下している人はこのホルモンが出にくいため、運動をすると普通の人よりも筋肉にかかる負荷が大きくなります。それによって筋肉はダメージを受けやすく、だからこそ再生され、どんどん筋肉が付いていく、というわけです。そうして一度筋肉が付いてしまうと、今度は動きやすくなります。

冬でも歯を食いしばって運動を続け、越冬できると、次の年からはかなり楽になるでしょう。頭の働きも全然違ってきます。その意味で、コンスタントに行なう運動は大切です。運動をすると、「ああ、本当に楽になれるんだ」と実感し、動けない状態から脱出できます。
「やる気が出ない」が一瞬で消える方法

これを読むと、やる気がなくてつらい人こそ、運動をスタートできれば、この先の人生が随分とラクになりそうなイメージが湧く。

やる気が出ないときにおすすめの本

引用した「「やる気が出ない」が一瞬で消える方法 」の中には、さまざまなパターンの無気力についての分析と、対策が書いてあった。

引用した甲状腺機能のくだりは、ほんの一部。

本を読む気力がもしあれば、パラパラとめくってみるのがおすすめ。自分の無気力の原因がわかると、それだけでスーッと心が軽くなっていく。

私自身は、読み終えた後に、ずっと未着手でダラダラしていたいくつかの案件を、パパッと片づけることができた。即効性のある本だった。

サプリメントはマグネシウム・鉄分・亜鉛あたりを試してみる

最後に、サプリメントについて。

私が過去に無気力状態の改善が実感できた記憶があるのは、

  • マグネシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • エゾウコギ※

あたりだ。

※エゾウコギは、このブログでは詳しく書いていないが、3年くらい前にお世話になっていた。

オリヒロ エゾウコギ 粒100g

ただ、その時々によって、無気力の要因となっている不足栄養素は違っているようで、いつでも同じように実感できるわけではない。

まずは、マルチビタミンミネラル系のサプリメントから始めて、試行錯誤してみると良いかもしれない。


この記事をシェアする