ものすごく嫌なことが起きてしまったときの考え方

今月の質問回答その5。

ものすごく嫌なことが起きてしまった時に心をリカバリーする時に、管理人様ならどういう風に考えるようにしていますか。最近自分に沢山の試練が来ていているのでアドバイスをお願いできればと思った次第です。

最近、試練が起きている人が多い?

最近、試練と向き合っている人が多い気がする。そういう星回り?なんだろうか。

ドカンと嫌なことが起きてしまった人、今までのやり方が通用しなくなった人、新しい一歩が踏み出せない人……など、周囲を見わたすと、自分と向き合っている人が多い。

かくいう私も、9月下旬・11月・12月と、ドカンドカンドカンと3連発のダメージを受け、改めて、自分と向き合わされていた。

ちょうど秋分(9月23日)から冬至(12月22日)の期間だ。

ものすごく嫌なことが起きたらネガティブ思考を炸裂させる

「ものすごく嫌なこと」の中身は人によって違うから、必ずしも、これから書くことは、すべての人には当てはまらない。

あくまでも私の場合、という注釈付きで書かせていただきたいと思う。

私は、もともとの思考回路が、ネガティブな方だ。少なくとも、根明なタイプではない。

ものすごく嫌なことが起きたときこそ、このネガティブ回路を炸裂させることにしている。

もっと嫌なことを想像する

炸裂のさせ方はこうだ。嫌なことが起きたら、もっと嫌なことを想像する。ネガティブ思考が得意技なので、すごくたくさん想像できる。

そして、

  • 大難が小難になった

と思う。

「大難が小難になった」という考え方は、人生のさまざまなピンチや悲しみを、助けてくれた。

もっと嫌なことを起こす代わりに差し出したと思う

“起きてしまった嫌なこと”よりも、“もっと嫌なこと”を想像したら、その“もっと嫌なこと”を阻止する代わりに、“起きてしまった嫌なこと”を差し出したのだと考える。

きっと私は、“もっと嫌なこと”が起きたバージョンの現実で、「どうか●●を差し出しますので、助けてください」と一心不乱に祈ったのだろう。

そして、その祈りが通じたのだろう、と考える。

すると不思議なことに、「ああ、助けられた」という感謝の気持ちが湧いてくる。

ああ、よかった。“もっと嫌なこと”が起きなくて。それだけで、ありがたい。

失ったものより、いま残っているものにガツンと目が行く。よかった、よかった。これがあって。ありがとうございます、と思う。

大切な存在との別れは救いになる考え方を模索する

ひとつ追記すると、生死に関わること、大切な存在との別れに関しては、永久のテーマだなと思う。

文学にせよ心理学にせよスピリチュアルにせよ、先人たちがいろいろな哲学・考え方を発信してくれている。その中で、少しでも自分がホッとできる考え方を取り入れていく。

私もまだまだ道の途中だけれど、死生観については、深く向き合わされる出来事と向き合ってきた。

不思議と必要なメッセージは向こうからやってくるもの。お坊さんに言っていただいた言葉、目に留まって開いた本、たまたま見た動画などから、ヒントをもらって、何とかリカバリーしながら歩いてきた気がする。

罪悪感に押しつぶされそうなときは、近くのお寺や神社にいって、静かに自分と対話する。

いろんなことは起きるけれど、自分の芯とつながってさえいれば、大丈夫。そんなことを実感するようになった。


この記事をシェアする