紫外線通さない色—サングラスは薄い色・日傘は黄色がおすすめ

これからの季節、欠かせない紫外線対策。

サングラスや日傘を新調しようとしている人もいるかもしれない。

「サングラスは薄い色」「日傘やストールなどの小物は黄色」が、紫外線対策効果が高いそう。

濃い色のサングラスは瞳孔が開いて紫外線が入りやすくなる

紫外線対策といえば、サングラスを利用している人も多い。

しかし、実は、

  • 濃い色のサングラスは瞳孔が開いて紫外線が入りやすくなる

というのだ。以下、今月号のan・anから引用。

サングラスのレンズは「濃い色のレンズだと瞳孔が開いて紫外線が入りやすいので、薄い色を選んで」
anan (アンアン) 2017/05/31[夏の肌と髪 Q&A]

サングラスは、色が濃ければ濃いほど、紫外線をカットしてくれそうなイメージがある。ところが、そうではないので要注意。

黄色は紫の補色だから紫外線カット力が高い

次に、日傘やストールなどについて。

黒色」は紫外線カット力が高いことは知られている。でも、夏に黒は重くて、ちょっとテンションが下がる。

そんなときにおすすめなのが、「黄色」なのだという。

日焼け止めとともに活用したいのが、日傘やストールなどの小物。何色が効果的?

紫外線を意外と吸収しにくいのが、紫の補色である黄色。黒よりも気分がアガるからオススメです」
anan (アンアン) 2017/05/31[夏の肌と髪 Q&A]

黄色が紫外線を吸収しにくいのは、紫色の補色だから。

「補色」とは?
二つの色を一定の割合で混合して、光の場合は白色、絵の具の場合は灰色になるとき、一方の色を他方の色に対していう語(デジタル大辞典)

つまり、2種類の色の光が合わさったとき、「白色」になってしまう、打ち消し合う色のこと。

紫外線は、その名の通り「紫色」。その補色である「黄色」を掛け合わせると、白色になって、紫外線を吸収しにくい、というロジックだ。

小物類はもちろんのこと、紫外線が気になる日のファッションに、黄色を取り入れるのは、紫外線対策として効果的ということになる。

私も、紫外線対策のパーカーを買おうと思っていたので、今年は黄色を選んでみるつもり。


この記事をシェアする