家族が癌になったときに読んでいたら良かったなと思ったおすすめの本(アニータ・ムアジャーニ)

最近、2冊続けて一気に読んだ著者の本がある。

私は過去に、家族のがん闘病を経験している。そのときに読んでいたら良かったなと思った。

スピリチュアル系の本なので、そういうのが苦手な人には向かないかもしれない。ただ、人間の本質を突いていると思える深いスピリチュアル。

「病気」をどう捉えるか?そのヒントをくれる2冊の本

私が一気に読んだ2冊とは、アニータ・ムアジャーニさんが書いた本。彼女は、末期癌から臨死体験を経て、癌が全快したという奇跡の体験を持つ。

喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと
もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる

先に出版されたのが「喜びから人生を生きる!」。続編が「もしここが天国だったら?」。

これらの本を読んだきっかけは、Kindle Unlimited の対象になっていたこと(Kindle Unlimited は、Amazonの読み放題サービス)。

レビューがやけに高評価だったので、最初は注意深くその内容をチェックした(最近は、作者サイトでレビューキャンペーンが行われていたり、SNSで熱心なレビュー依頼が行われていたりして、良すぎるレビューはオーガニックなものではないことが多いから、注意しているのだ)。

その結果、どうやら本当に評価が高いらしいと思い、読み出したのだった。

がん・病気・死に対して、どんな態度を取ったら良いか?のひとつの答え

本を読むと、アニータ・ムアジャーニは、すべての選択を読者自ら行わせるように、意図しているのが印象的だ。

「私はスピリチュアルの本質に気付いた」と主張する人の中には、自分のすごさアピール・目覚めている人とそうでない人の区別・自分は特別という意識などがチラつくことがある。

アニータ・ムアジャーニには一切、それが感じられない。

だからこそ、気持ち良く安心して読み進めることができる。

彼女の体験談を読むことは、〈自分や家族の病気や死に対して、どういう態度でいるべきなのか〉、ひとつの答えを私にくれた。

私にまったく新しい考え方が授けられたのではない。さまざまな経験を通して、今までに感じていたことが、アニータ・ムアジャーニの言葉で軽やかに言語化されるのを目撃して、

  • 「やっぱりそうか」
  • 「私が感じた通りだった」
  • 「自分の感覚を信じて良かったんだ」

と、確信させてもらった感じだ。

そう思えたのは、すでに私が家族の闘病や見送りを経験し、その体験を咀嚼した後だったからかもしれない。

ただ、それらの体験の前に、この本に出会っていたとしたら、それもすばらしかっただろう、と思えた。

もしも自分が病気になったら、この2冊の本を、そばにいる人たちにプレゼントしたい

小林麻央さんが、ブログに、

ごめんね。

病気になっちゃった妻で。
病気になっちゃった娘で。
病気になっちゃった妹で。

きっと、
病気になって、
皆が一番に思う言葉かもしれない。

「ごめんなさい。。。」
18 家族からの着信|小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」

と書いていた。

私は、もしも自分が病気になったら、そばにいる人たちの気持ちを少しでも軽くするために、アニータ・ムアジャーニの本を、プレゼントしたい。


この記事をシェアする