爪のピンク色部分を伸ばす効果があったジェルネイル—ネイルベッド育成してた

ジェルネイルを卒業して、何年ぶりかに、自爪と対峙しながら生活している。

そこでびっくりしたのは、

  • 「あれ?私の爪って、こんな形だったっけ?」

ということ。いつのまにか、爪のピンク色の部分(ネイルベッド)が伸びて、白い部分が減っていたのだ。

ピンク色の部分を伸ばしたい!白い部分を減らしたい!と渇望した学生時代

すっかり忘れていたけれど、私は、

  • 爪の形

に、強いコンプレックスを抱えていた。

小学校の教室で、クラスメイトたちが、

  • 男爪
  • 女爪

という区分を使って、皆の爪の形を判定したとき、私は見事に「男爪」にカテゴライズされてしまった。

※イメージ

▲女爪

▲男爪

女爪」が、細長くて、ピンク色の面積がたくさんあって、ピンク色が指の先まで来ていて、白い部分が少ない状態だとすれば、「男爪」はその逆。

短くて太くて、ピンク色の部分の面積が少なく、深爪のように切らないと、白い部分がビヨンと目立つ。

そんな自分の爪をいつしか、

  • 「恥ずかしい」

と思うようになったことも、長年、ジェルネイルを続けてきたことと、無関係ではない。

爪を伸ばして、形を整え、元の爪をジェルでコーティングしてしまえば、私の爪でも女爪のように見せることができたから。

ジェルネイルを外してみたら爪の形が変わっていた

コンプレックスの裏返しでネイルにハマってきた私も、先日、ジェルネイルから卒業した。

関連記事

久しぶりにジェルネイルを爪に付けず、“素の自爪”が見える状態で生活している。

そこで気付いたのが、

  • 「あら、ピンク色の部分が伸びている!」

ということ。

そういえば昔、ネイリストさんが、

  • 「ジェルネイルをしているうちに、爪のピンク部分が伸びる人、多いんですよ」

と言っていたことを思い出す。

長い爪をキープしていることで、爪と指の接着面が成長してくるという話だった。

ちなみに「爪のピンクの部分」のことを「ネイルベッド」と呼ぶそう。

私の爪も、そうなっていた。特に成長著しかったのが、左右の小指と左手の親指。

ピンク色が指の先ギリギリまで来ている。ここまで伸びれば、素のままでも恥ずかしくないな!と思えるくらい。

それ以外の指も、以前と比較したら、まったく形が変わっている。

左手の親指は順調に成長していたのに対し、スマホ操作でよく使う右手の親指は、指と爪の剥離部分が大きいままだったことも、興味深い。

ジェルネイルを卒業してからどう変わっていくのか?

長年のジェルネイルにより、爪の形がきれいになったとはいえ、ジェルネイルを卒業した身。

これから元に戻っていくのか、このままキープできるのか。もう少し様子を見てみないとわからない。

現在は、

  • よく働くことのできる、清潔感のある爪が美しい

という価値観に変わりつつある。

どんな爪になったとしても、長くて派手なネイルをしていたときより、自分では好きな感じがしている。


この記事をシェアする