ジェルネイルをやめた後の経過報告。大掃除で剥離しかけた爪も無事に復活してた

ジェルネイルをやめた後、ちょうど大掃除シーズンだったこともあり、爪が弱って剥離しかけてしまった。

急きょ、セルフジェルネイルで補強して2ヶ月、無事に復活。

「剥離が治らなかったらどうしよう…」と思いつつ、2ヶ月経過

まず、前回の記事はこちら。

剥離が治らなかったらどうしようかと、不安に思いながらも、再びネイルサロン通いに戻るのは嫌だったので、自宅にあったジェルネイルキットで、自分で爪を補強した。

剥離している部分を隠すために、色付きのジェルを重ね塗りしてカバー。

ネイリティ」のシリーズが、安くて質が良いので、重宝した。

ネイリティ! ジェルネイル ステップレスジェル 193 ディープレッド 7g
赤ネイルが大好物だけれど、この色はかなり好みだった(ネイリティ! ジェルネイル ステップレスジェル 193 ディープレッド 7g

なるべく爪に負担をかけたくなかったので、あえてオフはしないようにした。

メンテナンスは、表面だけを軽く削って、その上から重ね塗りを繰り返すようにしていた。

2ヶ月経って、オフしてみたら……

かなり頑丈に、厚く重ね塗りして過ごしていたので、「爪がめくれあがる」なんてトラブルとは無縁のまま、2ヶ月が経過。

そろそろ一度オフしてみようと思い、オフしてみると……

  • 「やった。良かった!」

剥離していた爪が、ほぼ、元どおりのところまで、くっついている!

剥離部分が進行していたらどうしようかと思ったけれど、無事に復活してくれて、一安心。

今は、透明ジェルで補強+カラージェル or マニキュアを塗る日々

その後、もともとジェルネイルをやめた直後のように、透明ジェルで補強を基本とする日々に戻れた。

その上から、気分によってカラージェルを重ねたり、マニキュアを塗ったりする日々。

ジェルネイルの、頑丈な爪に慣れていると、思わぬところで素の爪を傷つけがち。

特にジェルネイル卒業直後は、気を付けないといけないと思った。


この記事をシェアする