糖質制限でサラダチキンに飽きたら?→セブンイレブンで買える「糖質0」の魚を発見!

初めて糖質制限をしたのは10年以上前にチャレンジした「アトキンスダイエット」だった。

今は糖質制限の実践者が非常に増え、環境もずいぶん整ってきたと思う。

それでも通常の食事に比べれば制限が多く、糖質のない食材は貴重だ。

「低糖質」ではなく「限りなく0に近い厳しい糖質制限」に取り組みたいときは、さらに選択肢が狭まる。

スーパーに寄ってタンパク質を購入できれば良いが、その余裕がないときは「サラダチキン」に頼りがち。

  • 「いい加減、サラダチキンにも飽きたな…」

という気分だったある日、すばらしいものを3種類も発見した。

それは、セブンイレブンで売っている「糖質0」のほっけ・銀鮭・さば。

糖質0は貴重!ほっけ・銀鮭・さば

発見して歓喜したのはこちら。

  • ほっけの塩焼
  • 銀鮭の塩焼
  • さばの塩焼
セブンイレブンのほっけ・銀鮭・さばの塩焼

セブンイレブンのほっけ・銀鮭・さばの塩焼

これに目が留まったのは、全部「糖質0」だったから。

コンビニで購入できる完全な糖質0食材って貴重だ。

値段は3つで900円

購入時のレシート/ほっけの塩焼311円 銀鮭の塩焼300円 さばの塩焼289円

購入時のレシート

※サバは「みそ煮」もあったが、糖質が多かったためパス。

カロリー・たんぱく質量は?栄養成分表示

栄養成分表示・原材料名はこちら。

ほっけの塩焼

ほっけの塩焼

原材料名 しまほっけ、食塩/酸化防止剤(V.C)

銀鮭の塩焼

さばの塩焼

さばの塩焼

原材料名 さば、食塩、昆布エキス

どれも意外と原材料がシンプルなのが好印象。

レンジでチンして実際に食べてみたらかなりおいしい!

食べ方は簡単で、左下のフィルムを点線までめくり上げて、レンチンするだけ。

パッケージに記載されている時間(500-600wでほっけ1分20秒、銀鮭・さば50秒)レンチンすると、若干「クツクツッ」と音がしていて美味しそうな出来上がり。

実際に食べると、おいしい!原材料がシンプルなだけあって、変な味はせずに、単なる塩焼の味。

ほっけほっけは骨付きだが簡単に外れるし噛めば食べられる柔らかさ

ほっけは骨付きだが簡単に外れるし噛めば食べられる柔らかさ

鮭は切り身の細い側にしっかり脂がのっていた

鮭は切り身の細い側にしっかり脂がのっていた

かなりジューシーなさば 骨がないのも食べやすくて良かった

かなりジューシーなさば 骨がないのも食べやすくて良かった

ほっけ・銀鮭・さばのどれもが、ヘタな定食屋やスーパーで買ったハズレの魚より、よほど美味。

一番優秀なのは「ほっけ」だった

栄養成分を比較してみると、最もローカロリーかつタンパク質が多いのは「ほっけ」という結果に。

エネルギー たんぱく質 脂質 糖質 食物繊維 食塩相当量
ほっけ 109kcal 17.7g 4.1g 0g 0.2g 1.6g
銀鮭 150kcal 13.1g 10.8g 0g 0g 1.3g
さば 271kcal 17.6g 22.3g 0g 0g 1.9g

ボリュームがあったのも「ほっけ」

内容量は「1切れ」という表示でg表記ではないが、1切れのボリュームがあったのは、

  • ほっけ > さば > 銀鮭

の順だった。上記表で銀鮭のタンパク質量だけ低く見えるが、それは重量の差だと思う。

ネックは塩辛さ

糖質0で、たんぱく質が確保できて、調理要らずで、おいしくて……

と、良いところばかりのように思えるが、ネックは塩辛さ

  • ごはんのお供

という食べ方が想定されているようで、単体で食べるとかなり塩辛く感じる。

表記の「食塩相当量」は重量に比例していると思うが、実際に食べたときのしょっぱさは、

  • さば > 銀鮭 > ほっけ

の順だった。

野菜や豆腐をお供に用意したほうがよいかもしれない。


この記事をシェアする