2ヶ月ぶりに体重を図ったら2kg減っていたが…

2ヶ月ぶりにふと体重を2kg減っていたが、あまりよろしくはない気がする。

体重は「いま痩せてるな〜」というときしか測らない

過去に摂食障害を経験している私は、体重へのこだわりが強くならないように注意してきた。

今は摂食障害は完全になりを潜めているけれど、体重を測って嫌な気分になりたくないので、“気がのった”ときしか体重は測らない。

“気がのった”というのは、具体的には、

  • 「あっ、いま体重少なそう」

…と思えたとき。

体重は1日のなかでも変動する。数日〜1週間のスパンで見ても、増えているときもあれば、減っているときもある。

だから“減っている”タイミングだけ測って、増えている気がするときには測らない。

「アプリに自動送信で記録されるから」という理由もある

この方式にしているのは、Bluetooth対応の体重計を使っていて、「体重計に乗ってしまうと、データがiPhoneのアプリに自動送信されるから」という理由もある。

アプリに表示される体重の推移グラフが、突然ガンッ!と上がったら嫌だ。

体重のグラフは、いつでも右肩下がりにしておきたい。

※使っている体重計はこちら。

RENPHO 体重・体組成計 スマホ連動 体脂肪計 高精度&BIA技術 USB充電 体重計 体重/体脂肪率/皮下脂肪/内臓脂肪/筋肉量/骨量/体水分率/基礎代謝量/BMIなど測定可能 登録人数無制限 Bluetooth iPhone/Androidアプリで健康管理 スマートスケール (日本語対応APP&取扱説明書) (ホワイト)

ふと痩せた気がして体重計に乗ったら2kg痩せていた

で、ふと痩せた気がするタイミングがやってきたので、体重計に乗ってみた。すると、2kg痩せていた。

前回に体重計に乗ったのは、2ヶ月前だった。

自粛で家にとじこもっている間に2kg減。うーん、あまりよろしくないかも。

減ったのは「筋肉」では?疑惑

この3年近く、ヨガに本当に熱心に取り組んできた。それが2ヶ月前にパタッと途切れてしまった。

2月の後半から行くのを自主的にやめ、緊急事態宣言が発令されてからは、ヨガスタジオ自体が休業となっている。

  • 「減ったのは、筋肉では?」

…という疑惑があるため、2kg減ったとてうれしくはないのだ。

食生活の変化といえば「肉食→ 魚食」へ

ポジティブに考えるなら、この2ヶ月で食生活が変わった。

最近、何を食べているか(←改造した魚焼きグリルでサバを4分焼いて食べている)」の記事でも書いたとおり、最近は魚にハマっている。

糖質制限は変わらない

長年「糖質制限」をベースにした食生活をしている。それは変わらない。

ただ、時期によって好んで食べるものは変遷してきた。

  • マヨネーズ
  • 鶏もも肉
  • 鶏むね肉
  • アーモンド
  • くるみ
  • チーズ
  • 生クリーム
  • 炒り大豆
  • 納豆
  • 豆腐
  • するめ
  • ココナッツバター etc.

糖質の少ない「糖質制限的にOKな食材」を、自分の中の流行とともに渡り歩いてきた感じだ。

いま頻繁に食べているもの

そして今、糖質制限食のなかで頻繁に食べているのが、こちら。

  1. サバ
  2. 豆腐

逆にいえば、この3点セット以外のタンパク質は、ほとんど食べていないかも。

これ以外に食べているものは、野菜・きのこ類くらい。

肉食→魚食への変化によって2kg痩せた。…という一面も、あるかもしれない。

筋肉を増やすために

もう少ししたら「筋肉を増やすための何か」を始めそうな気がする。

“もう少ししたら”というのは、気が乗らない限りは(あえて)手を付けないという主義があるから。

  • 「習慣化や継続のコツは、自分に嫌な思いをさせないことである」

…という強い信念がある。

だから、本当に大事に続けたいと思うことほど「我慢してがんばらない」ように気を付けている。運動も、ダイエットも、仕事も、勉強も、人間関係も、何でも。

今はやる気がでないから、それもまた良しとする

今は、自宅でのヨガや筋トレを一生懸命やる気になれない。申し訳程度に、ちょっとヨガしたりはするけれど。筋肉を維持するレベルまでやれていない。

でも、そこで「がんばらなきゃ!やらなきゃ!」とは、思わないことにする。

いつもと違う世の中、いつもと違うストレス、いつもと違う不安——、がんばれなくて、当然じゃないの。

そのうちきっと、やる気が出るだろう

自分に我慢させなければ、変な風にがんばらなければ、いつか自然とやる気がでる日はくる。

そしたら、何か始めると思う。


この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事