自分のために夕食を作り「ごちそうさまでした」と私に言ったらものすごく満腹感があった話

ちょっと、ふしぎな感覚に包まれた。

自分のために何かをする勇気

この記事は、先日書いた以下の記事の続編。

自分のためだけに、料理を作るとか、洗濯物を畳むとか、“ちょっとした手間”をかけることができないという話。

端的にいえば「自分を大切にできない人」として片づけられるが、感覚としては、大切にできない…というより「大切にするのがたいへん」という感じが近い。

自分のために何かをするのって勇気がいることだし、私にとっては、自分を大切にしていない状態のほうが心地が良い。

大切にできなくて、つらい思いをしていて、かわいそう……というより、大切にしていない方が単にラク、というか。

大切にしないでいることには、それなりのメリット(顕在的か潜在的かはさておき)があるのだと思っていた。

もう少し踏み込んでいえば、「こんな粗末なモノに手をかけることはいけないことだ」と思っていて、そのルールを破らずに守っている方が、心がラクなんだろう。

ルールを破ってしまえば、それなりの罰則があるから。

あえて「自分のためだけに」を意識的に強く念頭において料理してみる

そんな記事(自分を粗末に扱っているほうが安心するという謎)を書いたあとのタイミングで、ふと、

  • 今日は、あえて、「自分のためだけに」を意識的に強く念頭において料理してみよう

…と思った。

もちろん、長い人生のなかで、(行動だけ見たときに)自分のためだけに食事を作ったことは、数え切れないほどある。

自炊が基本だし、料理は子どもの頃からしている。ただ、意識が違う

私にあまり手間をかけてはいけないので、作る工程はできるだけ簡素に済ませる。

それを、あえて、「おいしいものを食べさせてあげたい」と思う相手(自分以外の人)に料理を作るときと同じ意識状態に設定して、自分のために料理をしてみる、という実験だ。

こんなの、多くの人にとっては「は?」という感じかもしれない。

YouTubeの動画などをサクッと検索するだけで、自分のためだけに手間暇かけて、食材選びから丁寧な料理の工程まで、おいしい食事を作る人たちがたくさんいることは知っている。

それを、意識しないとできないので、意識して、あえてやってみるという実験だ。

(「実験だ」と連呼しないとできないところも、特徴的だ。実験だから良いのだ、と言い訳している)

自分のための手作り夕食が完成

さて。

そんな意識の「決意」とともに夕食づくりに着手。

  • 「私が食べたい好きな味のものを、私に食べさせてあげる」

フライパンを出し、サバを処理し、にんにくを刻み、玉ねぎをスライス。

包丁がまな板に当たるたび、トントン、トントン…と音がする。

フライパンでたっぷりのオリーブオイルを温めたら、刻んだにんにくを入れる。パチパチと油がはじける音とともに、ガーリックの食欲をそそる香りが漂い出す。

フライパンにサバを入れ、両面をこんがり焼く。茶色の焦げ目がついてパリパリに焼けていくサバの近くに、スライスした真っ白な玉ねぎたちを配置して、ザッと全体を混ぜる——。

サバとイタリアン風炒めと、大根サラダと、野菜のおみそ汁。

ものすごく簡単なメニューだけれど、こんな簡単なメニューさえ「自分だけのために」作ったことはないことに気づいて、がーんと頭のなかに音がする。

盛り付けも私のためにしてあげる

どうせ自分しか食べないごはんでも、ちゃんと美しい盛り付けをしてあげる(いつもは自分だけのためならやらないけれど)。

カフェみたいな木のトレーのうえに、真っ白なお皿を置いて、盛り付けていく。私の目を楽しませるためだけのパセリも添えて。

実食

そして、食べる。「いただきます」とちゃんという。

一口たべて、おいしい。すごく。

(だって、私が好みの味付けにしているので、おいしいに決まっているのだ)

ガツガツがっついて食べたりはせずに、一口ずつ、大切に味わって食べる。

大好きな誰かが、私のために私の好きなおかずを作ってくれたときのように、愛されている実感を味わいながら食べる。

量はいつもより少なめだったのに、ものすごくお腹がいっぱいだ。冗談ではなく、お腹がはち切れそう。

満腹感って、食べる量ではないんだな。

ごちそうさまでした

ものすごい満腹感に包まれつつ、

  • 「ごちそうさまでした」

…と、私にいう。

  • 「私のために、おいしいご飯を作ってくれて、どうもありがとう」

手を合わせ、自分に頭を下げる。

合わせた両手の温かさと、そろえた親指の温かさが胸の中央に触れ、胸のなかに伝わって、心がじんわりと温かくなっていく。

 

以上が、今回の私の体験談。実験結果。

良い経験だった。

2役の自分がどちらも体験したい自分だった

最後に付け加えるならば。

今回、私は、以下の2つの人間を1人2役でやった。

  1. 私のためだけに、ご飯を作ってもらえる自分
  2. 作ったご飯に、心をこめてお礼を言ってもらえる自分

私のコアに関わっている。

改めて、私はこの2つを、して欲しかったんだな。そして、この2つは、大人になった今ならば、自分で両方やることができる。


この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事