揺れないランニングポーチ・アームバンド・リュックを探して試した結果

ランニング再開にあたって、ランニングポーチ、Tシャツ、ジョガーパンツなどを購入した。

特に「ランニングポーチ」は、気に入るものに落ち着くまで何種類か購入したので、その話。

スポンサーリンク

今回のランニングはなるべくミニマム装備で

何年か前、ランニングにハマっていたときは、ナイキのランスカ、ナイキの速乾Tシャツ、CW-Xのタイツ、……とフル装備で走っていた。

その後、美容目的で過度な有酸素運動は避ける方針にして、しばしランニングから遠ざかった後、最近、再開。

今回は、以前のようにフル装備をそろえることなく、できる限りミニマムに行こうと決心。

前回、ランニングにハマったときは、まだ自分が20代だったこともあり、完全に「外見」から入っていた。今は、「中身」の方が大事だ。

楽天のジョガーパンツ、ユニクロのブラトップ、Amazonのランニングポーチ

今回走り出したときの最初の装備は、

楽天のジョガーパンツ 1,600円(こちら)、

ユニクロのブラトップTシャツ SALEで1,200円(こちら

Amazonのランニングポーチ1,000円(こちら

と、合計でなんと3,800円しかかかっていない

ランニングポーチ、リュックは用途に合わせて試行錯誤

先ほど挙げた3,800円は初期投資分。その後、走り続けるにあたって、各装備をアップデートしていった。

特に、試行錯誤したのがランニングポーチ

購入した順に並べてみると、次の通り。

①ランニングポーチ

最初に買ったのは、Amazonで見つけたこちらのランニングポーチ。

ポーチというより「ベルト」という感じで、まったく揺れずに体にフィットする。

その分、本当に最小限の荷物しか入らないが、スマホ(iPhone6s)・鍵・カードはきちんと収まっていた。

しかも、ぐるっと体を回るように、反射材が付いているので、夜のランニング時にも安心。

細かいところでは、ポーチ内で鍵などの鋭利なもののスマホが当たって、スマホに傷がつくのを防ぐため、薄いゴムの仕切りが中に設置されているのがうれしい。

②アームバンド

ランニングポーチだと、スマホの操作の度に、スマホを取り出さないといけない。ナイキのランニングアプリ(Nike+ Run Club)を見たいときに、ちょっぴり不便。

そこで、「アームバンド」というものを試してみたくなり、買ってみた。

【進化版】CRONA ランニング アームバンド スポーツ アーム バンドケース 鍵入り カード収納 超薄型軽量 調節可能 防汗 縫い目なし ブラック 3ケ月保証

これは、結論からいうと、数回だけ使用して、そのままになった。

透明のビニールの上から表示を見ることができるし、操作もできるので、便利は便利。

ただ、

  • 薄すぎて鍵の収納に難あり
  • 走っているうちにずり落ちてくる

の2点がデメリットとしてあった。

裸の鍵1本なら十分収納できる。が、私の場合、〈鍵2本をキーケースに入れたもの〉を収納したい。これを入れると、でこぼこして、腕に凹凸が当たる。

また、腕の太さとアームバンドが合っておらず、走っているうちにズリ落ちてくる。落ちてこないようにギューッと締めると、今度は腕が圧迫されて苦しい。

③ランニングリュック

アームバンドに撃沈してから、①のランニングポーチに戻って、それを愛用していた。

ただ、①のランニングポーチは、あまりにも最小限の荷物しか入らない。もう少し容量を増やしたい日のために、リュックを購入。

ANOTHER DIMENSION [超軽量190g] ランニングバッグ ランニングリュック サイクリングバッグ サイクリングリュック ハイドレーションバッグ

リュックは、自分が思っていたよりもずっと快適。ランニングポーチに比較すれば、ずっとたくさんの物が入る。

ただ、ちょうど春から夏に変わる季節に買ったので、徐々に背中の暑さが気になりだした。リュックを背負っているだけで、すぐ汗だくになってしまう。

それで使わなくなったが、秋冬には逆に温かくて重宝しそう。

④ペットボトルも入るランニングポーチ

夏の季節になると、「リュックは暑いな」と思いつつ、ペットボトルを携帯したいシーンが増えてきた。

そこで、ペットボトルを収納できるランニングポーチを新たに購入した。

結論としては、このランニングポーチがとても優秀だったので、このランニングポーチばかり毎日使っている。

使い始めたときはコツがつかめなくて、

  • 「揺れないって書いてあるけど揺れる!」

と思っていた。

が、ベルトの締め方やポーチの向きを微調整することで、

  • 「確かに、全然揺れない!」

と実感できた。

揺れないランニングポーチといえば、〈ボトルポーチ「ユレニクイ」YURENIKUI〉が、有名のよう。

それを購入しようかどうしようか迷っていたときに見つけたのが〈ピタっとがっつりポーチhuge ボトルポーチ〉だった。

というのも、有名なYURENIKUIの方は、口コミレビューを読み込んでみると、男性陣の評価は軒並み高い。一方で、女性は「緩すぎて揺れてしまう」という意見がいくつか見つかった。

一方、ピタっとがっつりポーチhugeの方は、細身の女性でも揺れなかったというレビューがあったので、こちらに決めた。

収納力があるのに揺れないし走りづらいので、

  • 「いかに最小限の荷物に絞りきって走りに行くか」

と頭を使うことがなくなった。

いつも、下記を入れている。

  • 手帳型ケース入りのiPhone6s(カード6〜7枚入り)
  • キーケース入りの鍵2本
  • 500mLの水筒
  • アミノプロテイン数本
  • 日焼け止め

ちなみ、日焼け止めは「スマホホルダー」とされている後ろ側に入れて、iPhoneは取り出しやすい前面のポーチに入れたりと、自分なりに工夫して使っている。

公式ページでは、下記の画像で大容量が紹介されていた。ちょっと圧巻。

ピタっとがっつりポーチhuge ボトルポーチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク