歯列矯正終了後のホワイトニング オフィスホワイトニングの効果と体験談

歯のホワイトニング、第1回目の照射に行ってきた。白くするには、回数が必要だと聞いていたけれど、1回目ですでにかなり白くなった。

スポンサーリンク

5、6回行う人が多いらしい

私が行ったのは、自宅で行うホワイトニングではなくて、クリニックで施術してもらうタイプのホワイトニング。

ジェルを塗った歯にレーザーを当てることで漂白するというもの。

正式名称は、

  • オフィスホワイトニング(レーザーホワイトニング)

というらしい。

以下、歯科クリニックのサイトから引用。

この方法は歯科医院でレーザホワイトニング専用のジェルを歯に塗り、強い光(レーザー)をあてて白くする方法です。治療を受けた日にすぐ輝くような白い歯になります。

ブリーチングの回数や治療期間には、個人差があります。1回のホワイトニングで希望する白さになる人もいれば、数回のホワイトニングが必要な人もいます。
銀座歯科「横田歯科診療所」

担当してくれた女性スタッフによれば、

  • 「5〜6回照射する人が多い」

ということで、1回でそこまで白くなると思わないで欲しいという雰囲気だった。

なので、私もそのつもりで挑んだ。

表面を歯ブラシでブラッシング

ここから実際のステップ。

まずは表面を、しっかり歯みがき粉を付けた歯ブラシでブラッシングしてもらう。

いつも思うけれど、人に歯磨きしてもらうのって、なんだかうれしい。でもちょっとこそばゆい(幼少期の記憶とリンクして、脳内で何かが起きているのかもしれない)。

ホワイトニング前の状態を写真撮影

次に、口を開く器具を付けて、ホワイトニング前の状態を写真撮影。before・afterのbeforeの記録。

目に光が入るのを防ぐため赤いゴーグルを装着

ここから、いよいよホワイトニングの施術準備へ。

「目にレーザーの光が入るのを防ぐため」ということで、赤いゴーグルを渡され、装着する。

  • 「施術中はまぶしいので目を開けないでくださいね」

と言われる。

口を開いて固定する器具を付けジェルを塗布

口を開く器具を付けて、肌表面にジェルを塗っていく。

器具が、今までに付けたことのない形(撮影時に付けたものとは、また違う)。

舌が前にいかないように、舌部分にガードがある。そのせいで、唾液が飲み込みづらい。

顔の、歯以外の部分にガードする布をかけられる

ジェルの塗布が終わったら、顔の歯以外の部分に、2枚、布状のものを掛けられた。

目をつむっているのでわからないが、1枚は口周辺のガード的なもの。もう1枚は顔全体から首までかかるタオル的なもの。

歯以外の部分にレーザーが当たるのを防ぐためとのこと。

 光照射開始!あったか〜い

そして、いよいよ、レーザーの照射を開始。

  • 「ん!」

想定外なことに、じんわりと温かい。温かさも、全然嫌な感じではなくて、むしろ気持ちいい(遠赤外線のヒーターみたいな感じ)。

温かいのは、レーザーが当てられている口の周り。目を部分的に温めたことはあるけれど、口を部分的に温めたことはないから、初めての感触。

意外に、口を温めるのって、気持ち良い。

目をこっそり開けてみたら、青い光(!)

まぶしいとは言われたものの、薄めでこっそり目を開けてみたら、青い!

青い光が全面的にこちらに向かってきている。それが赤いゴーグルと混ざって紫っぽい青になっている。

慌てて目を閉じた。

動かないように注意しているうちに爆睡する

照射時間は10分間。なるべく動いてはいけないとジッとしているうちに、眠ってしまった(口を温めるのが気持ち良くて)。

気付いたら、セットされていたアラームが鳴って、照射終了。

仕上げのブラッシングで完了

器具を外し、口内のジェルをふき取ったあと、うがいをする。

その後、仕上げに歯ブラシでブラッシングしてもらって、ホワイトニング完了。

これで終わりとは、簡単!

その後、before・afterのafterの写真撮影をした。

ん!思った以上に白くなってる

鏡を渡されて見てみると、んんん!!白くなっているではないか。

あまり1回の効果に期待していなかっただけに、驚きとうれしさで興奮する。

ただ、その後、before・afterの写真を見て、ちょっとガッカリする。客観的に撮影すると、少し黄ばみがあるように見えた。

  • 「もう、絶対真っ白にしてやる!!」

と、決意を新たにした瞬間。

その後、計4回照射。白い歯ってこんなに気持ち良かったのか

その後、計4回、ホワイトニングを行った。毎回毎回、どんどん白くなっていくのが楽しくて、やめ時がわからなくなる。

これは、歯医者さんのビジネスとしては、良いモデルだなあ。やればやるほど欲が出てきて、止まらなくなるのだもの。

オフィスホワイトニングは何回で白くなる?

私の場合、3回目には、人から見て「白い」「きれい」と言われるレベルまで白くなった。

4回目で、自分の中で90%満足できるレベルまでに至った。

もう少し白くなりそうな気がするので、あと1〜2回照射したら、月1回照射で白さをキープに入りたいと考えている。

補足①当日は着色するものは飲み食べできないので、コーヒー代わりにカフェインの錠剤を購入した

オフィスホワイトニングを行った当日は、コーヒーなどの歯に着色するものは避けるようにといわれる。

「ペリクル」という歯の表面を覆っているコーティングが、薬剤によってなくなるため、非常に着色しやすくなっているとのこと。

せっかくお金をかけてホワイトニングしているのに、台なしになったらもったいない。しかし、コーヒーのカフェインがないと頭が働かない私は、カフェインの錠剤を買ってしのいだ。

【第3類医薬品】エスタロンモカ錠 24錠
1錠でコーヒー1杯強のカフェインが摂取できる。歯が汚れないから、今後もこれを使おうかしらと思った(【第3類医薬品】エスタロンモカ錠 24錠

ちなみに、ペリクルについての知識がきちんとなかった序盤、「当日は、着色するものは避けてください」という注意をそのまま言葉通りに受け取って、翌朝にカフェオレを飲んでしまったことがあった。

一気飲みしてすぐにうがい&歯磨きをしたものの、鏡を見ると、一気に黄ばんだ気がする(←気がするだけで気のせいかもしれないが)。

慌てて検索しまくると、

  • ペリクルの再生には24〜48時間かかる

と記載されている歯科医院のサイトもあった。

だから、

  • オフィスホワイトニング後、48時間は、着色リスクのあるものを飲食しない

というのが、一番安心であると学んだ。

補足②しみるのはしみたけれど、我慢できる程度だった

オフィスホワイトニングは、しみる人もいるらしい。

確かに、初回は何ともなかったけれど、回を重ねるごとに、しみ度がアップしていった。

ただ、私は終盤でも、我慢できる程度にしか、しみなかった。

しみ方がちょっと変わっていて、波がある。時々、チクッ!!と歯の中が痛むような感じで、独特の感触だった。

この痛みが強くなったら、かなり嫌な痛みだな、という感じではあった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク