ランニングのモチベーション低下。あえて走らず上手にランニング再開

冬の間、あまりに寒く、けがもしたくないからジョギングはお休みしていた。

走りたい気分になったらまた走ろう、と思っていて、春になって、上手にその気分をとらえてまた走り出すことに成功した話。

走りたくないときは走らないことが長続きのコツ

私は、特に運動系は、

  • 「やりたくないときはやらない」

ということを、徹底している。

ランニングでも筋トレでも同じ。筋トレは、パーソナルトレーナーについて取り組んでいた時期もあるから、「限界の先にいかないと筋肉がつかない」というのは、知っている。

けれど、いろいろ試して見た結果、ボディビルダーになりたいわけではないので、楽しいと感じられる範囲の負荷を長期間かけた方が、私には向いていた。

だからスロートレーニングの理論は、好き。

スロトレ完全版 DVDレッスンつき
この本を持っている
スロトレ完全版 DVDレッスンつき

で、ジョギング・ランニングに関してはさらに、「絶対につらくなるまでやらない」というのを徹底している。

  • 「まだ走れるな、走りたいな」
  • 「走るのって楽しいな」

と思っているあたりで止めておく。そうすると、また走りたくなるからだ。

で、そんなゆるゆるに見える方法でも、走り続けていると、どんどん走れる距離はのびていく

もちろん、これは人によるだろう。限界を超えて達成していくことに喜びを見出すタイプの人は、つらい思いを乗り越えてこそ!なのかもしれない。

私の場合、つらい思いを自分にさせてしまうと、やる気がなくなって逆効果になることがわかった。そして「絶対につらくなるまでやらない」という方針にたどり着いた。

冬の間はつらいから走らなかった

そんなわけで、スロージョギングしていた。

スロージョギングを開始したときの記事

が、冬の間はつらいから、そもそも走ること自体をやめた。

それまで、熱心に足を作っていたので、それがリセットされるのは惜しいけれど、それ以上に、寒い中、凍えて走るのがつらいと思ったから、やめた。

「走りたい」と自然に思えたら、また走ろう、と思っていた。

私はレースで入賞を目指しているわけではなく、楽しい気分できれいな体を作ることが目的。その目的を達成するためには、つらいのに我慢して走るのは適していないのだ。

それを明確に思っていたので、「走れないわたし、ダメ」なんて考えがよぎることもなかった。堂々と(?)走らなかった。

4月に入って走りたい気分が高まってきた

2〜3月頃に、なんとなく「走りたいかな?」と思える日はあったものの、「走りたい!!」と強く思わない限りはやめておこうと思っていたのでスルーしていた。

それが、4月に入って、

  • 「あ〜、走りたい!走りたいわ!」

と、なってきた。

つらい思いを自分にさせていないから、「走らなくちゃ!」ではなく、ただ「楽しいことしたい!」というテンションで、「走りたい!」と思った。

新しいウェアを新調

走りたい欲が出てきたので、さらに盛り上げようと思い、ウェアを新調することにした。

最初は、ナイキかプーマでかわいいデザインのものを買おうと思っていた。

が、たまたま楽天で発見した、スパッツ+スポブラ+パーカーの3点セットがかわいかったし、口コミレビュー評価が高かったので購入。

ブルーの他にピンク・グレー・ブラックなどの色も。私はブルーを購入。サイズはおなかが締め付けられるのが苦手なのでLを選んだ
スポーツウェア 3点セット

これ、着心地や軽さ、乾きの早さなど良いところがたくさんあって、実際買って良かったのだけれど、それ以上に、届いたときにテンションが上がってしまった。

ギフトみたいなパッケージに入っていたのだ。

ちょっとしたことなんだけれど、妙にうれしくなってしまい、その当日にこのウェアを着て走り出した。

ジョギング再開、成功。この楽しく始めるのって、とっても大事だと思う。

肝心のウェアの着心地も、良かった。

スポブラのアンダーの締め付けがきついとかゆくなってしまうので苦手なのだけれど、このウェアはゆるめだったから安心した。

スパッツのフィット感も良くて、とても動きやすい。どこにも引っかかりがない。半ズボン付きで体型カバーできるところもいい。

私が買ったウェアはこちら

その後、順調にほぼ毎日走り続ける日々

以上が、4月初旬頃の出来事。

で、それからほぼ毎日、楽しい気分のまま、走り続けることができている。


この記事をシェアする