鮭2切れにマヨネーズかけて電子レンジでチンして食べたら食欲なくなる発見

何度か試して、やっぱり、不思議だなあ、と思う食べ物のメモ。

  • 鮭2切れにマヨネーズをかけて電子レンジでチンして食べる

と、その後、パタッ……と食欲がなくなるのだ。

スポンサーリンク

普通のスーパーで売っている甘塩鮭を購入して調理

レシピというほどでもないけれど。

材料は、

  • 甘塩鮭 × 2切れ
  • マヨネーズ 適量

これだけ。

作り方は、愛用しているiwakiの500mlハーフ容器に、2切れの鮭を入れる。

イワキ 保存容器 パック&レンジ 浅型 ハーフ 500ml ホワイト KN3246-W
タンパク質ごはんはこれで作ることが多い(イワキ 保存容器 パック&レンジ 浅型 ハーフ 500ml ホワイト KN3246-W

その上から、好きなだけマヨネーズをかける。大好きな松田のマヨネーズ辛口。

松田 マヨネーズ・辛口 300g
化学調味料無添加でとってもおいしい(松田 マヨネーズ・辛口 300g

マヨネーズの量は、かなり多めにかけている。

そして、電子レンジでチン。600w × 4分。で、そのまま食卓に運んで、食べる。

とってもおいしい。糖質制限しつつ、ワークアウト後のタンパク補給に、お気に入りのごはん。

食べ終わると鮭だけでおなかいっぱいになっている

鮭2切れでは一食の量としては少ない。少ししたらまた何か食べよう、というつもりで食べている。

ところが。2切れ完食すると、ものすごく満腹感があって、もう食べる気がなくなる。

同じ調理方法で、ささみや鶏むね肉を食べることがある。それらと比較して、明らかに鮭は、満腹感が強い。重量としては、ささみや鶏むね肉より少ない量でも。

鮭は子どもの頃からよく食べていたが、一度に2切れ食べることはなかったせいか、気付かなかった。2切れ食べると、急速に満腹感が出てくる。

鮭には満腹成分が含まれている?

鮭と言えば、アンチエイジング効果が高い超抗酸化成分「アスタキサンチン」が含まれていることは有名だ。

昔流行った「世界一の美女になるダイエット」という本でも、スーパーフードとしてサーモンがおすすめされていた。

世界一の美女になるダイエット
この本を買った頃、毎日スモークサーモンばっかり食べていた
世界一の美女になるダイエット

だから、美容に鮭が良いのは間違いないが、満腹感に作用する成分も含まれているのだろうか。

ヒスチジンが効いているのか?

ひとつの可能性としては、「ヒスチジン」。ヒスチジンは食欲を抑制するアミノ酸。

かつおに多く含まれていることが知られている(だから昔、かつおのスライスをおやつにかじったりしていた)。

丸俊 そのまま食べるかつおスライス 60g

鮭にもヒスチジンが多く含まれているのかな?と思って調べてみた。

文部科学省の食品成分データベースをもとに、生の魚のヒスチジン含有量をまとめてみると、下記の通り。

魚の種類 成分量
100gあたりmg
かつお 2500
まぐろ 2400
きはだ 2100
ぶり 1700
ごまさば 1500
さけ 1500

 

……というわけで、かつおには劣るものの、鮭にもしっかりヒスチジンは含有されている。

ただ、ヒスチジンだけだったら、鶏むね肉も含有量が多いはず。

鶏むね肉を食べたときも、満腹感は覚えるものの、鮭の方がさらにその上を行っていると感じる。

もっと明確な理由がわかったら、また追記したい。

今わかっていることは、とりあえず

  • 「鮭を2切れ食べるとおなかいっぱいになって、ダイエットがはかどる」

ということ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク