「糖質が低いと言われるアボカドは召し上がりますか?」オススメの食べ方は?

今月の質問回答。

糖質制限の記事をよく拝見しておりますが、糖質が低いと言われるアボカドは召し上がりますか?オススメの食べ方などあればお聞かせください。

一時期よく食べていたアボカド

アボカドは、一時期よく食べていた。

“一時期”というのは、今はあまり食べていない。

よく食べていた時期は、動物性食品を避けて、菜食よりの食生活をしていた時期。

菜食だとタンパク質が不足している分、体がこってりしたものを求めるのか、アボカドやナッツを食べる量が増えていた。

アボカドの糖質量は?

改めてアボカドの糖質量を調べてみると100g中0.6gとのこと。これは糖質制限的には超優秀といえる。

アボカドの栄養成分

100gあたり 1個分140gあたり
カロリー 131kcal 183kcal
糖質 0.6g 0.84g
タンパク質 1.7g 2.3g
脂質 13.1g 18.3g

糖質以外の要素を見てみると、タンパク質が少なくて脂質が多いことがわかる。

アボカドのおすすめの食べ方

毎日のようにアボカドを食べていた頃は、いろいろな食べ方をしていた。

いちばんよく食べていた食べ方は、

  • 半分にカットして、種に包丁の角を刺してクルッと回して抜き取り、種の入っていた丸いくぼみにマヨネーズと醤油とわさびを垂らしてスプーンですくって食べる

というもの。

アボカドの食べ方(半分に切って調味料を入れて食べる)

その他に覚えている限り挙げてみると、

  • スライスしてオリーブオイル+岩塩+黒コショウ
  • マヨネーズとあえてディップソース
  • キムチと混ぜて豆腐にかける
  • 韓国のり+ごま油
  • コブサラダ   etc.

当時よく食べていた「豆腐」とアボカドを一緒に食べることも、多かった。

タンパク質をきっちり取るようになったらアボカド欲が消えた

今でもアボカドの味は大好きだけれど、毎日食べたい!!とはならない。

それはなぜだろう?と振り返ってみると、たぶんタンパク質を十分に取っているからだと思う。

今はタンパク質を最重視している食生活

タンパク質を取ると同時に、脂質への欲求は消えてきた。

菜食をしていた頃は、どうしてもタンパク質の摂取量が減ってしまい、そのつじつま合わせをするように、アボカドやナッツの摂取量が増えていたように思う。

菜食をする人でナッツの過食に悩む人は多いと聞いたことがある。

今は菜食ではなくて、鶏むね肉やプロテインなどでタンパク質はかなり取っている。

参考記事

タンパク質を最重視すると、それ以外(脂質と炭水化物)はサブ的な位置づけになる。

ちょっとだけ扱いづらいアボカド

加えて、アボカドって他の食材に比べると、ちょっぴり扱いのしづらさがある。

輸入品のアボカドしか入手しにくかったり、食べ頃の見極めが難しかったり、カットしたら残さずすぐ食べないと黒くなったり。

そんなわけで(アボカド欲がおとなしい今は)少し遠ざかっている。

時折、アボカド料理専門店に行って、いろいろなアボカド料理を楽しんだりすることはある。

普通のお店でもアボカド料理があるとつい頼んでしまう。久しぶりに食べると、やっぱりアボカドはおいしい。


この記事をシェアする