お風呂に置きっぱなし化粧水で「お顔のリンス」。極潤プレミアムを無印ポンプに詰め替え愛用中

季節的に、乾燥が気になってきた。

夏の間はおやすみしていた「お風呂に置きっぱなし化粧水」を再開。

お顔のリンス」的に、浴室の洗顔料の隣に置いて、洗顔するなり浴びている。

化粧水の中身以上に塗るタイミングが大事

昔から「化粧品は何を使うかより“どう使うか”が大事」と考えてきた。

乾燥肌が気になる場合、

  • 肌が乾く隙を与えない

……というのが、大事になる。

」を、濡らして→乾かして→濡らして……と繰り返すと、シワシワになるように、「」も、濡らして→乾かして→濡らして……と繰り返すと、シワシワになる。

だから、

  • 洗顔で顔を濡らしたら、乾かすことなく間髪入れずにうるおす

……というのが、大切だ。

お風呂から上がる前に保湿したい

そこで、盲点となりやすいのが「入浴時」。

朝の洗顔時なら、洗顔してすぐにスキンケアに突入しやすい。

しかし、夜の入浴中にした洗顔の場合、その後、お風呂に浸かって、お風呂から出て、着替えて……、なんてやっていると、

  • 「洗顔後、間髪入れずにスキンケア」

は、叶わないことが多い。このロス時間がいや。

お風呂に化粧水を常設する

私が行っているのは、

  • お風呂に化粧水を常設する

という邪道的なやり方。

〈注意〉本来、化粧水は高温多湿の場所での保存にはむかないので、自己責任にはなってしまう。メーカー非推奨の使い方になる。

市販されている化粧品は、お風呂程度の高温・湿度の環境には耐えるように耐久試験が行われているので、まず大丈夫だろうと踏んでいる。

ただ、自然派・防腐剤無添加の化粧品はやめた方が良いし、においや色に異変が現れたときには、すぐ廃棄しても惜しくない化粧水でやった方が良い。

以前に書いた記事はこちら

この「お風呂に化粧水常設」は、以前にも記事に書いたことがある。

現在も「肌ラボ極潤プレミアム特濃ヒアルロン液」を愛用中

以前に記事に書いたときには、「肌ラボ 極潤プレミアム 特濃ヒアルロン液 」を使っていると書いていた。

それは、下記の条件を満たしてくれているからだ。

  • 防腐剤がしっかり添加されている
  • 傷んだとき廃棄するのが惜しくないプチプラ
  • 濡れた肌に負けない保湿力がある
肌ラボ 極潤プレミアム 特濃ヒアルロン液 ヒアルロン酸5種類×サクラン配合 170mL
今年の再開にあたり、一応ほかの化粧水も検討したけれど、またこの化粧水に落ち着いた。

使い方は洗顔後に顔が濡れたまま極潤プレミアム

使い方は、

  • 洗顔したら顔が濡れたまま極潤プレミアムを塗る

というやり方。

顔をタオルで拭くと乾くので、その隙さえも与えない。

髪の毛をシャンプーした後に濡れたままリンスを塗るように、濡れた肌にそのまま、極潤プレミアムを塗る。

極潤プレミアムのテクスチャーは最適

この塗り方をするときに、サラサラした化粧水だと、顔に残った水分に負けて、流れてしまう。

かと言って、油分が多すぎると、水をはじいて、肌に入らない。

その点、極潤プレミアムは、濡れた肌にそのまま使うのに、ちょうど良いのだ。

水分が入って傷まないよう無印良品のポンプに詰め替えた

今年は、この邪道の「お風呂化粧水」が進化した。

ふたの開閉時に、中に水分が入って傷まないように、ポンプに詰め替えた。

使っているのは、無印良品の280mlのポンプ。

このサイズが、洗顔料の隣にちょこんと置いておくのに、ちょうど良かった。

極潤プレミアムはつめ替え用のリフィルが販売されているので、そちらをリピートして詰め替えて使っている。

肌ラボ 極潤プレミアム 特濃ヒアルロン液 ヒアルロン酸5種類×サクラン配合 詰替用 170mL

この記事をシェアする