くすみを飛ばす色パープルの化粧下地、ベビーピンクのラベンダーマジックベースが良かった(イエベ肌)

最近、昔はあまり感じたことのない悩みが発生していて、それは「くすみ」。

肌がくすんでいると、メイクは映えないし、服とのバランスも何か違う感じになる。

全体的に、

  • 「老けた?それとも疲れてる?」

……という、パッとしない雰囲気を醸し出す要因が、くすみ。

これを解消したくてコントロールカラーを試していた中で、 まったくノーマークだった「ラベンダーカラー」が、大ヒットだった。

ラベンダーカラーで肌に透明感が出るベビーピンクの化粧下地

コントロールカラーって、自分に合うコスメを見つけるのが、難しい。

ブルーやグリーンだと白くなりすぎるし、ピンクだと赤みが目立つし、イエローだと顔色が変……

どうしたら、化粧品でくすみを上手に消せるのだろうか?と試行錯誤。

イエベ肌にも口コミ評価が高いおすすめ下地

そんな中、目に留まったのが、ピンクでもブルーでもない「ラベンダー」の化粧下地。

最初は、ブルーやピンクはブルベ肌の人に合う印象を持っていた。

その中間色であるラベンダー下地(紫、パープル)は、イエベ肌の私には合わないのでは?と思っていた。

が、イエベ肌の人の高評価口コミが目立っている化粧品があった。プチプラで購入できるバイソンの「ベビーピンク ラベンダーマジックベース」。

ベビーピンク ラベンダーマジックベース 20g
今まで選択肢になかったラベンダー色!(ベビーピンク ラベンダーマジックベース 20g

アットコスメを見てみると、[クチコミ数84件・⭐️4.8]の高評価。

“1000円ちょっと”という価格の気軽さもあって、すぐに購入(税抜定価が1,200円。実際はそれより少し安く売っていることが多い)。

ブルーパールとピンクパールのミックスが絶妙

ラベンダー色は、ブルーカラー✕ピンクカラーの掛け合わせでできている。

ベビーピンク ラベンダーマジックベース

この、ピンクパール・ブルーパール配合のラベンダー配色が、絶妙なカラーコントロール効果を生み出す。

白肌になりすぎることなく、ちょうど良くトーンアップ。血色感を失わないから、元気そうに見える。

一見まっ白になりそうでならない

中身を出した瞬間は、「真っ白になりそう!」と思った。


ベビーピンク ラベンダーマジックベース

が、肌にのばすと全然だいじょうぶ。結構多めに塗っても、白塗り感なし。これなら安心して使える。

ベースメイクの化粧下地としても優秀

イエベ肌の私のくすみを飛ばす〉という第一目的は、華麗にクリアしてくれたベビーピンクのラベンダーマジックベース。

ただ、「化粧下地としてのメイク効果」という基本性能もクリアしてくれないと、使い続けることはできない。

その点も、かなり優秀で驚いた。

毛穴が悪目立ちしない

まず、うれしいのが「毛穴が悪目立ちしない」ということ。

毛穴をしっかりカバーするほどの力はないが、肌がチュルンとなめらかになって、ラベンダーマジックベース単体でも、毛穴の存在感を薄くしてくれる。

さらにカバーしたいときは、イブキのスマートフィルタリングスムーザーを先に仕込んでおくと完璧。

スマートフィルタリングスムーザーは下記記事へ

皮脂を抑える力は強くないが良い感じのツヤ感

もうひとつ、皮脂を抑える力は強くないが、テカり方がきれい。

オイリーにはならず、良い感じの「ツヤ感」になってくれる。

皮脂テカりが嫌といっても、秋冬はマットにし過ぎると、一気にパサパサ&シワシワになってしまう。

これくらいのツヤがある方が安心して使いやすい。

アイメイクの下地(上まぶた・涙袋)にも良い保湿感

ツヤ感があるからこそ、可能なポイントとして、

  • アイメイク用の化粧下地

としても、すごく使いやすい。

上まぶたのくすみを飛ばしてアイシャドウベースにしたり、目の下の涙袋のくすみを飛ばして、ウルウル効果を狙ったり。

目の周りに使うと、特にラベンダー系下地の底力を感じる。コントロールカラーで補正しておくと、その後のメイクのノリが違うことを実感。

それに、ラベンダーマジックベースは保湿力もある。全然シワっぽくならない。これは重宝する。

日焼け止めとしては冬の日常紫外線には十分

紫外線カット力は、

  • SPF28・PA++(紫外線吸収剤不使用/ノンケミカル処方)

夏の日差しには足りないが、冬の日常紫外線には十分と思う。

クレンジングなしで落ちた

石けんだけで落ちるとは書かれていないが、実際のところ、石けんだけで落ちた。肌負担は少ない印象。

成分的には紫外線吸収剤不使用のノンケミカル

成分的には、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル。

紫外線吸収剤に弱い人にとっては、うれしい処方。

全成分はこちら

水、シクロペンタシロキサン、メチルトリメチコン、酸化チタン、BG、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、トリメチルシロキシケイ酸、ジメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、フラガリアチロエンシス果汁、シアバター油粕エキス、チャ葉エキス、モモ果実エキス、メマツヨイグサ種子エキス、リンゴ果実エキス、ラウリルPEG-10トリス(トリメチルシロキシ)シリルエチルジメチコン、クエン酸、クエン酸Na、トコフェロール、イソステアリン酸、水酸化Al、フェノキシエタノール、ヒドロキシアパタイト、シリカ、酸化鉄、グンジョウ、マイカ

使い方は使い捨てスポンジで伸ばす

まず商品パッケージに書いてある使い方は、下記の通り。

[ご使用法]化粧水などでお肌を整えた後、適量を指にとり、お肌にやさしくなじませてください。その後、BBクリームやファンデーション等をご使用ください。

ちなみに、私の使い方は、指ではなく、使い捨てのスポンジでのばしている。

ロージーローザ バリュースポンジN ハウス型タイプS30P
このタイプのスポンジをずっと愛用している(ロージーローザ バリュースポンジN ハウス型タイプS30P

まんべんなく、きれいに伸ばせて、その瞬間に肌に透明感が生まれて、薄化粧の日なら、そのままでもOK、またはお粉をパタパタするだけで十分かも。

ファンデーションを塗るにしても、うす〜く塗ればOK。

外が乾燥している時期は、ファンデーションをしっかり塗ると、笑った後にほうれい線にクッキリ跡が残る。

だから、「冬のファンデーションを薄くできるコスメ」という意味でも、ラベンダーマジックベースはありがたい存在だった。

この冬のお気に入りコスメになりそう。

ベビーピンク ラベンダーマジックベースはこちら


この記事をシェアする