なかなか治らない芯ありニキビをオイル(油)で一晩で治しニキビ跡を残さない方法

大人になってもできる、「芯」があるニキビは、長居することが多い。

私の場合、「長引くな」と思ったら、油浸しにして枯らして治している

スポンサーリンク

若かりし頃のケア方法では妙に長引く、大人のニキビ

小鼻や口の周りに、

  • プツッ

と、ニキビが出現することがある(飲み会・会食続きだった後に多い)。

昔は、

  • しっかり洗浄し皮脂を除去する
  • 皮脂吸着系の薬や化粧水を使う
  • 状況に応じ高濃度ビタミンC美容液を塗る

……という方法を取っていた。

方向性として、

  • 皮脂を取り除く

ということに、重きを置いている(ビタミンCにも脱脂力がある)。

確かに、10代から20代前半頃のニキビ(いわゆる思春期ニキビ)は、この方法で一定の効果を実感できていたと思う。

しかし、アラサー世代になってから、

  • 「なんか、違う」

と思うようになってきた。

アラサーになると、芯ありニキビが妙に長引く。しかも、ニキビ跡になる

アラサー世代になると、昔のケア方法では、妙にニキビが長引くのだ。いっそ、禁断ではあるが芯を抜いてしまった方が、治りが早いくらいだ。

なっかなか治らないくせに、やっと治ったと思うと、ニキビ跡になる。しかも、そのニキビ跡が、シミになる

  • 「これは、まずいわ」

と、大人になって、改めてニキビと向き合うことになった。

いろいろ試して効果があったのは「油でたたく」という方法

あれこれ試した結果、今のところ一番効果があったのは、

  • 油でたたく

という方法だ。

どうも、大人ニキビは、乾かせば乾かすほど、治りが遅くなっていくようなのだ。

若い頃のニキビとは逆転の発想で、スキンケアオイルでたっぷりコーティングして一晩寝ると、

  • シュルシュルシュル〜ッ…

と、頑固な芯ありニキビが縮小している。最後は枯れていなくなる。

イメージとしては、湿潤療法に近い

油でたたく方法は、イメージとしては、「湿潤療法(モイストヒーリング)」に近い。

傷を乾燥させて治す従来の方法とは異なり、傷口をばんそうこうなどでピッタリ密封し、うるおいをキープすることで、治りが早くなり、傷跡も残らない。

キズパワーパッド」で、有名になった方法だ。

【Amazon.co.jp限定】BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド スポットタイプ 10枚+ケース付 絆創膏

どの種類のオイルが効くのか?

私が実際に試して、効果を確認できているオイルは、アルガンオイルとスクワラン。どちらも、特にブランドにはこだわらず。100%ピュアなものを選ぶくらい。

私が使っているアルガンオイルはこれ(Acure, The Essentials モロッコ産アルガンオイル 

逆に、下記のオイルは、NGではないものの、アルガンオイルやスクワランに比較すると、効果が薄いように感じた。

  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • アーモンドオイル

これは相性があるだろうから、まずは、自宅にあるオイルから試してみると、良いかもしれない。

跡を残さないためには紫外線カットが超重要

炎症を起こしている状態で紫外線を浴びると、そのまま跡になるリスクが高い

ニキビに余計なメイクを施さない方が治りは早くなるが、日を浴びるとなると、話は別。

日焼け止め+UVカットのあるコンシーラーで、しっかり隠した方が、むしろ紫外線カットになって良い。

参考記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク