ホットヨガしてたら蓮華座(パドマアーサナ)を組めるように…心の落ち着き感がすごい

ホットヨガを始めてから、日々「体の違い」を実感するようになった。

自分にはできないと思っていたポーズが、いつの間にかラクにできるようになっていたり、体のラインが変わっていることに気付いたり。

そんな中でひとつうれしかったのが、蓮華座(パドマアーサナ)が組めるようになったこと。

瞑想のときに蓮華座(結跏趺坐)でやりたい

蓮華座」は日本語名で、サンスクリット語名だと「パドマ・アーサナ」。

仏教でいう「結跏趺坐(けっかふざ)」のこと。

私は、家で瞑想をすることがある。そのとき、結跏趺坐でやりたいと思っていた。

コツをつかんだら割と簡単に組むことができた

ホットヨガを始めて2ヶ月が過ぎた頃、ふと蓮華座を試してみたくなった。

ホットヨガのレッスンで蓮華座をやることはなかったけれど、試してみると、すんなり組むことができるようになっていた。びっくり。

ただ、足首に、少し無理している感じがある。

そこで、「蓮華座のコツ」を解説しているページをいくつかチェック。その中で、下記のページがとても参考になった。

こちらのページで解説されている手順に沿って試してみると、無理なく深く組むことができた。

ちなみに、最初は左足を上にする方しかできなかった。4ヶ月くらい経ったら右足を上にする方もできるようになった。

今では、両方とも難なくできるように。

蓮華座(結跏趺坐)で瞑想すると心の落ち着き感が全然違う

蓮華座(結跏趺坐)ができるようになって、さっそく瞑想のときにやってみた。

驚いたのが、

  • 「結跏趺坐で瞑想すると、心の落ち着き感が全然違う」

ということ。

最近は、何でも楽な方へと簡易化され「無理をせずに好きなポーズで」と言われるパターンも多い。

瞑想も「ソファでもあぐらでも寝ても立っても自分に合う方法でOK」と。難しく考えてやらないよりは、ハードル下げてやる方が優先だからと。それはそれで、すばらしい。

一方で、

  • 「決まり事には『何かしらの意味』がある」

という面もあるのだろうと思っていた。

そんなことを考えているときに読んだ下記の記事が、とても興味深かった。

一部引用

どのような本を読んでも、こういうのです。

「無理に結跏趺坐をする必要はありませんよ。大切なのは集中しやすい姿勢であることです。それに、リラックスこそがとても重要なことなのです」

なるほどなるほど、確かにそうかもしれん。

ぼくは、そういう説を信じ切っておりました。

ぼくはいま、「それはちょっと違うんでないの」と言いたい。

精神やココロといった側面よりもむしろ、肉体的に「腰が立つ」あるいは「腰が入る」状態を確実なものにするために、座禅はあるのではないか。

なぜならば、腰をしっかり立てることができるようになれば、おのずと精神状態も落ち着いてくるからです。

呼吸も深くなってきます。
座禅はスピリチュアルではなく、筋トレなのではないか / ブログ / LOOK ON BRIGHT

「肉体的に腰が立つ(腰は入る)」状態を作るために座禅はあるのではないか、という説。これには、確かにと深く納得した(全文はこちらへ)。

最近は、1日10分程度、結跏趺坐で静かに座ることにしている。

心がスーッと落ち着いて、イライラや心配事に左右されない自分が、育っている実感がある。

私が通っているスタジオ(カルド)はこちら

店舗数が最多のLAVAはこちら


この記事をシェアする