ピルを2シート以上連続して飲む飲み方(1シーズンに1回の消退出血)

私は、2〜3シートならピルの連続服用をよくしている。

本来の服用方法ではないので自己責任になるけれど

本来の服用方法ではないので、完全に自己責任ではあるが、私は長いこと、ピルの連続服用をしている。

きっかけは、何か(今ではソースにたどり着けない)に書いてあった、

  • 海外では、消退出血は1シーズンに1回という飲み方もある

という情報。

通常なら、28日に1回ずつ・年間13回程度ピルの休薬期間を取る。そこで消退出血を起こす。それを、3ヶ月に1回・年に4回程度にしてしまう、という飲み方。

1相性ピルは連続服用がしやすい

私は現在、マーシロンを飲んでいるけれど、マーシロンにせよマーシロンの前に飲んでいたヤスミンにせよ、女性ホルモンの含有量が28日間一定の1相性ピルだ。

だから、連続服用ができる。私の場合、2シート程度なら、何の問題もなく連続服用できる。

3シート目以降になると、時々、シートが終わる前に出血が起こることがある。その場合は、シートの服用を中止して、そこから休薬期間に入ることにしている。

1シーズンに一回の消退出血なら本当に楽

ピルを飲むことで、ただでさえ軽くなっていた生理(消退出血)が、3ヶ月に1回程度になると、本当に楽。

生理なしで生きているみたいな錯覚になる。

ただ、副作用や体への影響が少なからずあるだろうから、もし実施したい場合は、医師に相談したり、よく情報を調べたりすることをおすすめする。

現在は、マーシロンの2シート目に突入

ヤスミンからの乗り換えで、6月頭から飲み始めたマーシロン。

1シート目は、普通に21日間で終わらせて、22日目から休薬期間に入った。

何の問題もないことが確認できたので、その次のシートは2シート連続飲みをしている。

というのも、7月〜8月は、海・プール・旅行などの旅行が多く、消退出血を起こしたくないのだ。

調子が良ければ、3シート連続にもチャレンジしようと思う。

追記:現在は休薬期間がないミニピルを服用中

ここから追記。

現在は、マーシロンを飲んでおらず、ミニピルのセラゼッタを飲んでいる。セラゼッタは、もともと休薬期間がない

だから、完全に消退出血もない生活になった。

詳しくはこちら

この記事をシェアする