アネロンニスキャップ以外の酔い止めも、あがり症に効くのか実験

よく効くと評判の「乗り物用の酔い止め」である、アネロンニスキャップ。

たまたま、服用中は過度な緊張が起きないことを発見。あがり症や多汗症対策としても、勝手に(自己責任で)使っている。

アネロンニスキャップに出会ってから、こればかり服用してきた。ふと「他の銘柄でも効くのだろうか?」と疑問に思い、試してみることに。

アネロンニスキャップを飲んでいると緊張しないことを発見

まず、アネロンニスキャップについて書いた過去記事はこちら。

もともと、乗り物酔いしやすい体質で、乗り物の酔い止めとして最強と言われるアネロンニスキャップを愛用していた。

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

このアネロンニスキャップが、実は「あがり症」にも効いていることを発見したのだった。

他の乗り物酔い止め薬でも効くのだろうか?

私はアネロンニスキャップと相性が良いので、ひたすらアネロンを飲んできたけれど、

  • 「もしかして、アネロン以外でも同じ効果なの?」

と、疑問が湧いてきた。

というのも、もし「水なしで飲める」タイプで同じ効果があるなら、サッと飲みたいときに便利だと思ったからだ。

アネロンニスキャップはカプセルタイプなので、水なしで飲むのは厳しい。

そこで、ドラッグストアで見つけた「センパア プチベリー」という、水なしで飲めるタイプの酔い止めを購入してみた。

【第2類医薬品】センパア プチベリー 10錠
3歳から水なしで飲めるプチサイズ
センパア プチベリー
これ、初めて飲んだときは「アネロンニスキャップの方が圧倒的に良い」と思ったものの、何度か飲み続けていたら、印象が変わった。

センパアもあがり症に効く感じはあるが最初はイライラした

センパアも、アネロンと同様に、飲んだ後は汗をかきづらくなったり、あがりにくくなったりする効果があった。

なぜかセンパアを飲んだらイライラした

ところが、初めて飲んだ日には、妙に「イライラ感」が強くなった。相手と強気で話ができるものの、不要に突っかかってしまうコミュニケーションに。

そういえば、かなり昔だが、短期間だけ抗不安剤を飲んだことがある。

一般的によく効くと言われる薬が、私にとっては「意味もなくキレてしまう」という結果になったりして、人によって効き方がまったく違うのだと実感した。

何度か飲んだら印象が変わった

「センパアは私に合わないのかな……」と思いつつ、残りがもったいないので、時折、飲むように。

すると、初めて飲んだときのようなイライラ感は徐々に感じなくなり、欲しい効果だけを実感できるようになった。

効き目の強さとしては、アネロンニスキャップの方が上だと感じるものの、センパアでも、飲んでいるときと飲んでいないときでは、明らかにまったく違う。

そこで、センパアは外出時に化粧ポーチの中に入れて携帯するようになった。電車内やタクシーで気分が悪くなったときや、緊張しそうな場面に遭遇したときなどに、サッと飲めるので、重宝している。


この記事をシェアする