ココナッツミルクのレシピ コーヒーや青汁で割れば苦手でも飲めるおいしい飲み方

間違って1リットル購入したものの、味があまり好みではなかったココナッツミルク。

これが、コーヒーや青汁で割ると、おいしかった。

アーモンドミルクとココナッツミルクを間違えて購入

ココナッツミルクが、私はあまり得意ではない。

コンビニで売っているココナッツウォーターも甘すぎる&ココナッツの香りがきつすぎて、苦手。

それがさらに濃くなった感触のココナッツミルクは言わずもがな。

では、なぜ購入してしまったのか?というと、アーモンドミルクと間違えたのだ。

Amazonで配達されて、ゴクンの一口飲んだとき、「あれ!?」と初めて気付いた。

ココナッツミルク好きな人は濃厚でおいしい!!と絶賛していたココナッツミルク(EcoMil 有機ココナッツミルク(無糖)1000ml

そのままではちょっと苦手だったので、青汁で割ってみる

私は、ココナッツの甘さがあまり好きではないので、このココナッツミルクも、飲んだ瞬間は、「甘い!」と思ってしまった。

でも、たくさんあるので、どうせならおいしく飲みたい。そこで、冷凍庫にストックしていた冷凍青汁で割ってみた。

すると、これは、おいしい!

青汁の青臭さも、ココナッツの独特のくせも、お互いに緩和されてマイルドになって◎。

アイスコーヒーのミルク代わりに入れてみたら、懐かしいコーヒー牛乳みたいな味に

ココナッツミルクを割ってみる作戦はいいかも!と思い立ち、次に試したのが、アイスコーヒー。

「アイスコーヒー3:ココナッツミルク2」の割合でココナッツミルクのカフェオレに。

これ、なんだかとても懐かしい味。瓶入りのコーヒー牛乳を思い出す味なのだ。

あのコーヒー牛乳、今でも時々、温泉の冷蔵庫なんかで出会うと、ちょっと飲んでみたいなと思ったりする。

ただ、砂糖たっぷりで飲んだら罪悪感がありそうなので、飲まない。

それが、「無糖のアイスコーヒー+無添加の有機ココナッツミルク」で味わえるのなら、健康的。

今回、ココナッツミルクは誤って購入したので、最初はどうやって早く1リットルを消費しようか…、と考えていたけれど、これなら、常備しておいても良いかもしれないと思った。


この記事をシェアする